2年半が過ぎて婚活疲れ、もう諦める? | 婚活・結婚おうえんネット

婚活コンサルタントゆきじ先生のあめムチ!個別指導

個別指導
12人目
かずみさん/42歳/女性/食品メーカー

2年半の婚活が上手くいかないアラフォー独女。もう諦めた方が良いの?

お世話になります。
私は結婚相談所に入会していたアラフォー独身女子です。

大学を卒業してからバリバリ仕事してキャリアを積んできましたが、気づいたらアラフォーに。結婚なんて自分には仕事があるし、年齢的に今更、とあまり気にしてなかったのですが、39歳の時に同級生が結婚した事を受けて、寂しさを感じました。私も女としての幸せを掴みたいと思い、結婚相談所に登録しました。

2年半ほど活動をしていたのですが、なかなか良いお相手が見つからず。最初は男性からのアプローチや、カウンセラーさんからの紹介も頂いていましたが、最終的にはあまりサポートをしてもらえなくなってしまい、半年前に辞めてしまいました。

もう諦めたほうが良いのでしょうか。
婚活コンサルタント ゆじき先生2年半の活動内容に問題が!?少しお休みして活動再開もアリ。
かずみさん、あなたの2年半の活動内容に問題があったのかもしれません。
今、モチベーションが低下しているなら、少し活動をお休みするのも良いと思います。

まず、結果が出ないのは、自分に合う理想の男性を見極める力が足りない可能性があります。
プロフィールでは気に入っていたのに、お見合いで1度会っただけで断る事が多かったのなら、思い込みがミスマッチの原因かも。

最終的にサポートもなくなってしまったのは、カウンセラーさんがサポートをしても効果がないか、必要ないと判断したからだと思います。急いで結婚しなければいけない年齢ではない場合、サポートを止める理由は下記の3つが主な理由です。

①アドバイスを活かしていない
②活動意欲が感じられない
③プロフィールで男性を判断している

①カウンセラーは毎日様々な会員の活動に触れているから、婚活のコツやツボを知っています。でも、会員さんがアドバイスを受け入れなければ何も変わらないよね。アドバイスをしても響かない人には、自由に活動してもらった方が良いと判断され、カウンセラーからのアプローチは控えるようになります。

②活動意欲がある会員さんは、カウンセラーも応援したい気持ちになります。でも、会員さんからのアプローチがない場合、カウンセラーサイドからはお世話がしにくくなりがちです。コミュニケーションは積極的に取っていましたか?

③婚活は兎にも角にも「会ってみる」事が一番の近道。プロフィールや小一時間のお見合いだけで、明確ではない理由でなんとなく断っていなかった?プロフィールだけで「きっと◯◯な所がダメ」と思い込んだり、プロフィールを読んで妄想していて、実際会った時に「○○な人だと思っていたのに」というような思い込みで判断していなかったかな?

思い当たる内容はありましたか? かずみさんはお仕事をしっかりしてきている方なので、生理的に合わない男性は会ってみたらわかると思います。入会当時はアプローチがあったのだから、焦らないでリセットしてから、再出発も悪くないと思いますよ。

まずは一度、かずみさんの希望するお相手の条件を見直してみることがオススメ。その際、WANT(こんな人がいい)は一切必要ありません。絶対NO/NG(これは絶対受け入れられないというポイント)を書き出して、必ず可視化してください。そして、かずみさんと結婚するメリットも書き出します。

次に婚活を再開する時には、今までとは違う活動になるように意識して、違う会社を選択してみましょう。中高年の婚活も視野に入れてみても良いかもね。

2年半の活動経験があることはかずみさんの強み。
諦めても、ズルズル活動を続けても、婚活疲れするだけなので、経験を活かして白紙から考え直す時間を持って、思い切ってリセットしてくださいね。
ひとりで悩んでいても相手はみつからないよね。まずは最初の一歩を踏み出しましょう。

お住まいや年齢などに対応した結婚相談所の資料を一括請求↓

1分で完了!各社の資料を無料でお取り寄せ 結婚相談所とわからない封筒でお送りします


トップへ戻る