【婚活方法別】ぴったりの服装・ファッションを徹底解説 | 婚活・結婚おうえんネット

公開日:2015/11/05 更新日:2021/07/28

【婚活方法別】ぴったりの服装・ファッションを徹底解説

「婚活には何を着ていけば良いの?」「相手に好印象を与えるのはどんな服?」とお悩みではありませんか? 婚活で第一印象を左右する服装。せっかく出会う相手には、良い印象を残したいですよね。 そこで今回は、お見合い・婚活イベント・婚活パーティなど婚活の方法別にぴったりの服装をご紹介します。 この記事を参考にして、素敵な服装で婚活に臨んでください。

お見合いにぴったりな服装

お見合いは、昔からある婚活方法です。かつてのお見合いはかしこまった格好で緊張した雰囲気の中、粛々と行われるものでした。
しかし、現在のお見合いはフォーマルさが薄れ、リラックスした雰囲気で行われるます。とはいえ、お見合いはお見合い。お見合いにぴったりな服装について見ていきましょう。

お見合いで大切なのは男女ともに「上品さ」

お見合いは3人で向き合い、お互いのことを知り合う場です。1対1で向かい合うだけに、相手の表情や服装がとてもよく見えます。お見合いパーティーや婚活イベント以上に丁寧な心遣いが大切です。

最近ではお見合いがカジュアルなものになってきたとはいえ、男女共にくだけすぎた格好はNGです。ブランド品で身を固めたり、アクセサリーをたくさん身につけるよりは、シンプルなデザインや色で上品さを演出するほうがオススメ。メイクや香水、ヘアスタイルなども飾りすぎず「丁寧に仕上げた」感じのものにすると印象がよくなりますよ。

お見合い中に目立つ「目元」と「口元」

お見合い中は相手と向き合って喋ったり、食事をしたりします。真正面から見る相手の顔の中で印象に残るのは、やはり「目元」と「口元」です。

目は口ほどにものを言うと言われるように、眼差しや目の表情は言葉以上に相手によく伝わります。目の周りの顔の部分もよく見えるので、男性は眉毛を軽く整えておくとよいでしょう。女性は濃すぎるアイメイクを避け、自然な目元の表情が相手に伝わるようにすればOKです。

お見合い中、喋る、飲む、食べるとよく動く口元。口元やその周辺の服装は、ともすればだらしない印象を与えてしまいます。
男性はヒゲをきちんと剃り、ジャケットやシャツの襟、ネクタイの歪みなどをチェック。
女性は真っ赤やショッキングピンクなど派手な口紅は避け、ベージュピンクやローズ系の落ち着いた色を選びましょう。首元やデコルテのケアはもちろん、ネックレスなどのさりげないおしゃれも忘れないようにしておきたいですね。

婚活パーティーにぴったりな服装

数ある婚活方法の中でも人気が高い婚活パーテイー。仕事帰りに気軽に立ち寄れるパーティーも増え、普段の生活の中で出会いを増やせる婚活方法として注目されています。
婚活パーティーにぴったりなファッションを男女別に見ていきましょう。

男性:パーティー前に鏡を見よう

婚活パーティー中、男性は多くの女性に出会うことになります。パーティーですので、やはりスーツがオススメです。仕事に着ていくスーツやジャケパンスタイルで構いませんが、リクルートスーツのような地味過ぎるスーツではなく、それなりにカジュアルなものが良いでしょう。シャツやネクタイ、靴などコーディネートの幅が広がります。Tシャツにジーンズなどのラフ過ぎる格好は、パーティーから浮いてしまう可能性があるので要注意です。
仕事終わりに婚活パーテイーに参加する場合に特に気をつけたいのが、身だしなみです。仕事終わりでシャツに汗がついていたり、ネクタイがよれていたり、髪がボサボサだったり、することはないでしょうか?靴の汚れや靴底の減りも人から見ると目立つので、気をつけましょう。
女性は不潔感を嫌います。オンとオフを切り替えて婚活するためにも、パーティー前にトイレで鏡を見ておきましょう。「シャツを着替える」「髪型を直す」「服や靴に汚れがないか確かめる」などのチェックも忘れずにしておきたいですね。

女性:パーティースタイルを婚活用にシフトしよう

女性はパーティーと聞くと、おしゃれをしたくなってしまうものです。しかし、婚活パーティーでのポイントは男性に出会うこと。「自分好みのおしゃれ」では、かえって男性に敬遠されてしまうことがあります。

そこで、パーティースタイルを婚活用にシフトすることが大切です。長すぎるネイルやゴージャス過ぎるアクセサリーは「お金がかかりそう」「遊んでいそう」といった印象を持たれやすいので要注意です。濃い香水なども控えましょう。

婚活パーテイーで男性に好印象を与えたい場合は、派手な格好よりも、コンサバスタイルがオススメです。きちんとして清潔感があることはもちろん、ワンピースにカーディガン、ツーピースにジャケットなどの落ち着いた服装が良いでしょう。

髪型やメイクは、女性らしさをアピールできるものがおすすめです。オフィスでのまとめ髪を下ろしてアレンジしたり、チークやリップの色を少しだけ足したり。婚活パーティー会場は照明が暗いこともあるので、顔色をよく見せるメイクを心がけるようにしましょう。

婚活イベントにぴったりな服装

スポーツ観戦、料理教室、ハイキングなど、活動を通して出会いのチャンスを作るのが婚活イベントです。婚活イベントでは、趣味のサークル活動のようにリラックスした雰囲気で参加でき、行動を共にすることで男女が仲良くなりやすいメリットがあります。
婚活イベントにぴったりな服装を見ていきましょう。

イベントのテーマにあった服装をしよう

当然のことですが、スーツ姿でテニスをする人はいません。また、ハイヒールで登山をする人もいませんよね。婚活イベントはそれぞれ「サッカー観戦」「神社仏閣パワースポット巡り」「いちご狩りとバーベキュー」などテーマが決まっています。

服装も、このテーマに沿ったものであることが第一です。おしゃれを意識しすぎるあまり、場違いな格好をしないようにしましょう。

Tシャツ・ジーンズでも清潔感を出すコツ

カジュアルでもOKな婚活イベントは、かしこまった格好が苦手な人には嬉しい婚活です。しかし、いくら「Tシャツ・ジーンズでOK」と言われても、ジーンズが汗臭かったり、TシャツがよれよれだったりしてはNG。

シワがつきにくいTシャツや、吸水・速乾タイプの生地の服を選ぶのもおすすめ。汗で色が変わってしまうことも考慮して、濃いめの色より薄い色を選ぶのが良いでしょう。サイズ感があったものを選ぶことで、清潔感のある印象を与えることもできます。
野外で長時間を過ごしたり、汗をかくシーンも多い婚活イベント。カジュアルな服装でも清潔感は大切と心得ましょう。

カジュアルでも可愛くみせるには

婚活イベントでは、お見合いや婚活パーティーのようにばっちりおめかしをすることはできません。カジュアルファッションで女性らしさを出すには、着るものの素材や色、質感が重要です。

小花柄やレースなどをあしらったTシャツやブラウスを選んだり、髪の毛をお団子やポニーテールにまとめたりするだけでも、十分におしゃれができます。メイクも濃いめのものよりは、ナチュラルで表情がよく見える方がよいでしょう。また、女性らしいくびれや足のラインが出るように、体にぴったりしたボトムを選ぶのもおすすめです。

相手の印象に残る服装

相手の印象に残るために大前提となるのは服装に清潔感があること。
特に中高年の参加者に多いのが「何を着て行けばいいのかわからない」という悩みです。
以下の記事の「お見合いパーティの事前準備・会話のコツ」で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
中高年にはお見合いパーティーがおすすめ!流れや注意点を徹底解説

まとめ

以上、婚活の方法別にふさわしい服装についてご紹介しました。

婚活では多くの異性に出会います。まずは大勢の人と過ごすことを前提にマナーや身だしなみを守り、その上で好印象を持たれるファッションを心がけましょう。自分のファッションに自信がない場合は、結婚相談所のアドバイザーにアドバイスを仰ぐのも手です。

また、婚活では服装以外にも会話の内容や表情、マナーや作法などが大切になります。結婚相談所ならファッションだけでなく会話のアドバイスやサポートも万全です。
まずは資料請求をしてあなたにぴったりな結婚相談所を探してみましょう。



トップへ戻る