理想の結婚相手の見つけ方 | 婚活・結婚おうえんネット

理想の結婚相手の見つけ方

かつての一般常識や価値観、男女の役割や仕事の仕方では推し量れないほど、結婚に対する考え方は変化しています。理想の結婚への近道のために、今、結婚に求められる条件とは何か考えてみましょう。

昔は「3高」今は「3K」

理想の結婚愛は、時代によって移り変わるものです。例えば、「3高」。結婚相手にふさわしい男性とは「高学歴」「高収入」「高身長」であること。よく勉強して良い大学に入り、そのまま大企業に就職する堅実な男性と結婚することで、女性は安定的な生活が送れ幸せに暮らせると考えられていました。高い年収や大手企業の肩書きをもった男性であることが、よい花婿の条件だったのです。

女性の場合は「結婚=幸せ」というシンプルな考え方が一般的だったため、多くの人が"結婚するのが当たり前"の世の中でした。よいお嫁さんとなるために、家事や趣味などを習う花嫁学校に通う人があったり、「25歳までに結婚しないと貰い手がなくなる」などといった言い方をされていました。日本が高度経済成長期を迎え、バブル景気の絶頂期にある頃までは、このような考え方が当たり前でした。

しかし、今やそれも昔の話。かつての一般常識や価値観、男女の役割や仕事の仕方では推し量れないほど、結婚に対する考え方は変化しています。今、結婚に求められる条件は男女ともに「3K」。3KのKは「雇用の安定」「価値観の一致」「金銭感覚が一致」の頭文字を取ったものです。

長引く不況や社会不安などから、多くの人が先行きの見通しのなさを感じている現在、容姿や肩書きは以前ほどの強い力を持たなくなりました。刻々と移り変わる現実の中で、実際に共に生活してゆける相手と結婚したい、というのが現在の結婚観の主流となっていると言えます。この「3K」をベースに自分にとって重要な条件を加味しながら婚活することが、理想の結婚への近道になります。

条件に挙がらない部分が大切

婚活では、3Kで挙がった「雇用の安定」「価値観の一致」「金銭感覚が一致」以外にも重視しなければならない部分があります。それは「フィーリング」です。どんなに条件が3Kを満たしていたとしても、「この人といると緊張してしまう」とか「何度会っても打ち解けない感じがする」という相手とでは、結婚しても先が思いやられてしまいます。

一方、「会った瞬間ビビッと来た!」のような、無条件にフィーリングが会う相手というのは条件を度外視した結婚の決め手になりやすいのです。

目には見えないものや、言葉にならない雰囲気は人と人とが実際に出会わないと感じられないもの。メールやマッチングのプロフィールには書かれない部分に本当の相性が隠れています。

条件にとらわれず自分の感覚を重視することで、婚活相手の選び方にも幅が生まれ、自分にあった相手を引き寄せるチャンスが広がります。自分に合ったマッチングサービスを探すためにも結婚相談所の資料請求を行い、婚活をスタートさせましょう。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る