Twitter婚活(ツイッター婚活)とは? やり方とメリット・デメリットについて徹底解説! | 婚活・結婚おうえんネット

公開日:2021/11/08 更新日:2021/11/10

Twitter婚活(ツイッター婚活)とは? やり方とメリット・デメリットについて徹底解説!

「Twitter婚活って本当に出会えるの?」「Twitter婚活の評判は?」最近流行っているTwitter婚活。Twitterユーザーや婚活中の人の中には気になっている人もいるでしょう。ただ、実態がよくわからないと、始めるにも始めづらいですよね?そこで今回は、Twitter婚活のやり方とメリット・デメリットについてご紹介します!

Twitter婚活(ツイッター婚活)とは?

「Twitter婚活って、一体どういうものなの?」と、ツイ婚、ツイッター婚活など、言葉は聞いたことがあるけど、どういうものかはよくわからない人も少なくないはず。
Twitter婚活は、文字通りTwitterでパートナー候補を探す結婚活動のことです。
自分の性別、年齢、身長など、プロフィールを書いた投稿に「#Twitter婚活」「#ツイッター婚活」等のハッシュタグを入れ、婚活をしていることをアピールするもの。
今までの主な婚活手法といえば、合コン、相席系飲食店、マッチングアプリ、婚活パーティー、結婚相談所などでしたが、最近ではTwitterまでもが婚活の場になっているようです。
ただ、ここまで読んで「マッチングアプリで婚活をするのと何が違うの?」と感じた方もいるはず。

マッチングアプリとの違い

Twitter婚活とマッチングアプリの違いを大きく分けると3つです。
まず1つ目は、Twitter婚活には本人確認がない。
2つ目は、Twitterの投稿内容で相手の人柄がなんとなくわかる。
そして3つ目は、無料で婚活ができる、という3点。

世に出ている多くのマッチングアプリは、女性が無料で男性は有料のことがほとんどだし、結婚相談所は女性も男性も有料。
そう考えると、Twitter婚活はかなりコスパがいい婚活といっても過言ではありません。次では、他のメリットも含め、Twitter婚活のメリットをご紹介します。

Twitter婚活のメリット

無料かつ本人確認が不要

国内大手のマッチングアプリは、登録時にFacebookアカウントを連動させるものが多く、運転免許証、健康保険証といった公的書類で本人確認を取っているので安全性は高いものの、有料のものが多く、男性の場合、毎月数千円かかるのがネックでしょう。
その点Twitter婚活は、先ほどマッチングアプリとの違いでも触れた通り、本人確認は不要の上、Twitterのアカウントさえあれば、誰でも無料で婚活を始めることができます。
婚活はしたいけどお金にあまり余裕がない人や、スマホで運転免許証やパスポート等の身分証を撮って、運営側へ送ることに抵抗がある人におすすめです!

投稿内容からなんとなく人柄が見える

こちらも先ほど触れましたが、Twitter婚活は投稿内容からその人の人柄がなんとなく見えるため、内面重視の人には向いている婚活手段です。
マッチングアプリだと実際に会うこと以外では、自己紹介文やメッセージのやり取りでしかその人の内面は見えません。ですがTwitter婚活は、過去の投稿を見て、自分に合いそうかどうかがある程度判断できます。

趣味の合う人が見つかる可能性も高い

Twitter婚活なら同じ趣味の相手を探すことも可能です。マッチングアプリでもアプリ次第で趣味タグが存在しますが、タグと自己紹介文だけではどれくらいその趣味にのめり込んでいるかはわからないですよね? 
中には、異性ウケ目的でそこまで好きじゃないけど、とりあえずタグをつけておく人もいます。
けれどTwitterなら、投稿内容からどれくらい好きなのか、どれくらい詳しいのかがある程度見えるため、「にわか」を引き当てることもないでしょう。その辺もメリットといえます。

どうしても気になる相手にはDMも可能

多くのマッチングアプリでは、相手とマッチングをしない限りメッセージのやり取りができません。ですがTwitter婚活は、マッチングという概念がないので、投稿に「#Twitter婚活」をつけた気になる相手にDMを送ることも可能です。
ただ、突然知らない人からDMが届くと、「え? なに突然……」と不快に感じる人も少なくないので、DMを送るのならある程度絡んで仲良くなってからがいいでしょう。

Twitter婚活のデメリット

ここまでメリットをご紹介してきましたが、やはり、何事にもデメリットは存在します。

個人情報がバレてしまう危険性

Twitterは、使い方次第で個人情報がバレてしまう危険性もあります。Twitterに限らずSNS界隈には、投稿内容や写真からその人の名前や住所を特定する、いわゆる“特定厨”と呼ばれる人がいます。
また、仲良くなってメッセージのやり取り中に、電話番号や大体の住所を教えてしまい特定されてしまった……ということも無きにしも非ず。
なので、SNSで知らない人とやり取りをするときは、個人が特定されないよう十分気をつけて使いましょう。

自己申告なので何とでも書ける

Twitter婚活は本人確認がないため、自己紹介に何とでも書けます。年齢や年収も「少しくらいいかな」とサバを読んだり、多少盛ったりも。
そう、自己紹介の何が本当で何が嘘かがわからないのがデメリットのひとつでもあります。
なので、極端な例えではありますが、自己紹介に身長180センチ、体重65キロと書いてあったのに、実際待ち合わせ場所に来た男性は、身長160センチくらいで体重は70キロ以上ありそうなぽっちゃりさんだった……ということだってあり得るということです。

相手が既婚者やヤリモク、結婚・婚活への真剣度が分からない

本人確認がなく偽り放題ということは、真剣に婚活をしているフリをするヤリモク男性や、独身と偽った既婚者の可能性もあるということです。
あなたとしては真剣に婚活をしていても、相手にただ遊ばれているだけ、ということもあります。無料で気軽にやり取りができる反面、出会いに対して安心・安全が保障されていないことはデメリットといえます。

業者に出くわす可能性もある

異性と出会える、かつ無料で本人確認もないとなると、詐欺やデート商法などの悪徳業者の温床にもなりやすく、あなたが婚活をするうえで、しっかり注意をしていても出くわしてしまう可能性もないとはいえません。
Twitter婚活をしているのなら、どこかのタイミングで実際に相手に会う必要がありますが、事件に巻き込まれないためにも、会う相手はきちんと選びましょう。少しでも怪しいと感じたら、絶対に会わないことです。

Twitter婚活で結婚した例も!?

「Twitterで知り合って結婚まで行くの?」と、疑念を抱いている人も少なくないでしょう。ですが実際、Twitter婚活で知り合って結婚に至ったカップルもいます。
ダ・ヴィンチニュースの『飾らない関係が良い!? 意外にありとの声も多い「Twitter婚活」とは』という記事の中ほどに、「実際に良いパートナーと巡り会えるケースもあるようで、『フォローしてる人がTwitterで出会って数日で婚約してた』『自分が見る範囲では成功してる人が多いからTwitter婚活はありかもしれない』といった声が上がっていました。(引用)」という一文があります。
また、日刊SPAの『“Twitter婚活”がトレンド。結婚をした人たちの声「普通の出会いより相手が見える」』という記事では、Twitter婚活で結婚に至った2名を紹介しています。
これらの記事からもわかるように、Twitter婚活でちゃんと結婚に至った人もいるんです。結局、婚活の場がマッチングアプリであれ、Twitterであれ、結婚相談所であれ、結婚する人は結婚するんです。

Twitter婚活のはじめ方

まずは婚活専用のアカウントを作る

では、実際にTwitter婚活をするには何から始めたらいいのか……悩みますよね? Twitter婚活を始めるのなら、まずは婚活専用のアカウントを作りましょう!
既に持っているTwitterのアカウントで婚活をするのもいいですが、今繋がっている人にも見られるし、過去の投稿の中に個人が特定されそうなものがあると危ないので、万が一のことも考えて婚活専用のアカウントを作った方がいいです。

自己紹介に「#Twitter婚活」をつけ投稿

次に内容。どのような内容を投稿すればいいか、ですがとても簡単です!
下記の自己紹介用テンプレートに自分の情報を入れてツイートをしましょう。住所は都道府県まででいいですし、もし年収など書きたくない項目があるのなら、そこは削除でOKです。

  自己紹介
  性別:
  年齢:
  身長:
  体型:
  住所:
  お酒:
  煙草:
  学歴:
  年収:
  職業:
  休日:
  趣味:
  好きなタイプ:
   
  #twitter婚活 #ツイッター婚活  #Twitter婚活  #婚活垢さんと繋がりたい
  

「#Twitter婚活」のタグがついている人を探す

自分の自己紹介が完成したら、Twitterで婚活中の人を探してみましょう。
「#Twitter婚活」で検索をすると、いろんな人が出てくるので、自己紹介を見て気になった人や、投稿内容を見て「合いそうだなぁ」と思う人に「いいね」を押したり、リプを送ってみましょう。
向こうもあなたのことが気になれば、何か反応をすると思うので、しつこく連続でアクションせず、間隔をあけて「いいね」やリプを送って様子見を。
もし、2、3回「いいね」やリプを送っても無反応なら、現状「興味なし」ということなので、他の人へ行った方がいいかもしれません。

Twitter婚活の成功のコツ

自己紹介は正直に書く

婚活を成功させたいがため、自分をよく見せたくなる気持ちもわかります。ですが、多くの人は自己紹介に書いてあることが事実だと思っているんです。
なので、身長や年収を盛ったり、年齢をサバ読みした自己紹介では、会ったときや、仲良くなっていろいろ見えてきたときに、相手ががっかりしてしまうし、「この人って見栄っ張りなんだな」とか「等身大の自分を受け入れられないんだな」と、浅い人間と感じ、恋愛に発展しにくくなります。
なので、婚活を成功させたいのなら、自分でハードルを上げて不利にならないように気をつけましょう。

投稿内容を充実させる

婚活用のアカウントに投稿されているのが自己紹介だけでは、どんな人かがよくわかりません。なので、婚活用のアカウントも投稿を充実させ、見に来た人が「いいね」を押しやすいよう工夫をしましょう。
例えば、休日の過ごし方や、ハマっている趣味、普段のファッションや好きな映画、気になった記事のシェアなどなら投稿もしやすいですよね?
また、恋愛観や婚活での悩みなどを投稿することで、見た人から共感や興味を持ってもらいやすくなります。
素敵な相手を探しつつ、自分はどんな人間なのかを見に来てくれた人に伝わるように定期的に投稿を続けましょう。

打ち解けるまでは丁寧語を心がける

リプを送るにしても、仲良くなってDMを送るにしても、ある程度打ち解けるまでは丁寧語を心がけましょう。仮に、相手が“年下”でもです。
最初から「ちっす! 東京のどの辺住み?」なんて礼儀知らずなタメ口では、自分で自分の価値を下げるようなものですからね。
距離感をわきまえられない相手に嫌悪感を抱く人は少なくないので、いいオトナならきちんと丁寧語を使いましょう。

長期戦を楽しむ

短期成婚を目指す結婚相談所とは違って、Twitter婚活はあまりスピード感がありません。
同じ趣味がきっかけで仲良くなり、オフ会等で初めて会って、話した感じ相性も良さそうだから二人でのデートを重ねて、交際がはじまり、数年後にやっと入籍……という流れがほとんど。
先ほどご紹介した日刊SPAの『“Twitter婚活”がトレンド。結婚をした人たちの声「普通の出会いより相手が見える」』という記事の中の女性のひとりは、知り合ってから付き合うまで8ヶ月かかり、初めて出会ってから2年で入籍。もうひとりの女性は交際から3年後にお相手からのプロポーズで入籍をしています。
もちろん、中にはスピード婚をするカップルもいるでしょうが、Twitter婚活で成功させたいのなら、長期戦を覚悟し、焦らずじっくり付き合うのがコツです。

Twitter婚活で気をつけること

最初からDMを送らない

マッチングの概念がないからといって、気になる相手にいきなりDMを送るのはちょっと不作法だし、相手に「人との距離のはかり方を知らないの?」と悪い印象を与え、警戒をされてしまいます。
まずは「いいね」やリプから始めて、徐々に距離を縮めましょう。でないと、場合によってはブロックされ、相手と仲良くなるチャンスがなくなってしまいます。

すぐに会おうとしない

DMを送り合うようになりメッセージが盛り上がったとしても、すぐには会わない方がいいです。正直、Twitter婚活をしている人の中には、先ほどもご紹介したようにヤリモクや既婚者、業者が混じっていることもあります。
そういう邪な考えでTwitter婚活をしている人は、そもそも目的がパートナー探しではないため、メッセージを重ねて相手を知る、というのを煩わしく感じ、会うことを急ぐんです。
なので、相手が「会おう」と急かしてきたり、「メッセージを重ねてから」と伝えても理解をしてくれない、もしくはそれを言った途端、素っ気なくなったというのなら、危ないので相手にしない方がいいでしょう。

関係が浅い相手に個人情報は教えない

仮にメッセージを重ねて仲良くなり、実際に会うことになっても、関係が浅いうちは自分の個人情報を相手に教えてはいけません。
電話番号や住所、勤務先の社名など、細かく教えなくてもデートは成立しますよね? メッセージもTwitterのDMを使えばいいので、親しくなるまではLINEのIDも教える必要はありません。実際会った時にQRコードで友達になるのならまだいいですが、相手にIDを聞かれたらのなら「IDは設定してないから、そっちのID教えて」とかわしましょう。
もし、メッセージでもデートでも、相手があなたの好きなタイプや趣味など内面ではなく、個人情報についてあれこれ聞いてくるのなら、警戒をした方がいいです。

Twitter婚活に向いている人、向いていない人の特徴

Twitter婚活に向いている人

スポーツや料理、仕事や勉強、何事にも向き不向きがあるように、Twitter婚活も向き不向きがあります。Twitter婚活に向いているであろう人は、下記の6つのタイプの人です。

・SNSの出会いに抵抗がない人
・自分のペースで婚活をしたい人
・気軽に婚活を始めたい人
・共通の趣味を持っている相手と出会いたい人
・見た目やスペックよりもフィーリング重視の人
・観察眼があり、危険察知能力が高い人

多く該当する場合はTwitter婚活に向いているかもしれません。

Twitter婚活に向いていない人

次に、Twitter婚活に向いていないであろう人は、下記の6つのタイプです。

・安心安全に婚活をしたい人
・本気で結婚がしたい人
・相手の見た目や条件を気にする人
・ある程度スピード感重視の人
・嫉妬深く好きな人の投稿に異性から「いいね」が押されているだけで疑心暗鬼になる人
・そもそもSNSに興味がない人

もし多く該当しているのなら、婚活の場をTwitterにしない方がいい、もしくはTwitter婚活をしつつ、他でも活動をした方がいいでしょう。

まとめ

婚活において、内面重視の人はTwitter婚活向きでもありますが、スタッフが似た者同士を引き合わせてくれる結婚相談所向きでもあります!
結婚相談所なら、収入証明書、独身証明書等の提出があるので、偽っている人はいません。
なので、内面重視かつ安全安全に婚活がしたいのなら、結婚相談所を検討してみるのもいいでしょう。



トップへ戻る