弁護士の婚活 | 婚活・結婚おうえんネット

弁護士の婚活

年収はおよそ1200万円程度と高額で、婚活女性からも人気が高い男性弁護士。しかし非常に多忙なのが弁護士。忙しい中でも堅実な婚活をして、頼れる奥さんを見つけましょう。

1.難関資格を手に入れた、並々ならぬ努力家

弁護士や法律家は、社会的評価の高い責任ある仕事です。刑事事件の裁判での被告人弁護の他、民事訴訟での立証活動、破産や会社更生法などの法律事務手続き、法律相談などを請け負う、法律の専門家です。国家資格が必要な職業の一つです。

弁護士になるには法科大学院などを出た後、司法試験に合格しなければなりません。司法試験に合格するのは非常に難しく、2012年の合格者は3000人を下回る程の狭き門です。難関を突破し弁護士になるには、並々ならぬ努力が必要です。

2.生涯未婚率は約13%。忙しすぎて時間がない?

裁判や訴訟といった問題を解決する職業のため、人から信頼される職業である一方、責任感やリスクも伴うのが弁護士の仕事。年収はおよそ1200万円程度と高額で、高額な報酬に見合った重責を担う仕事であると言えます。「国家資格」という安定感や「高い経済力」は婚活でも有利なアピールポイントになります。

裁判に関わる以外でも、法律相談や裁判の資料整理、法律の勉強、関係者との付き合いなど非常に多忙なのが弁護士。結婚できる女性と出会うチャンスはなかなかないのが現状です。ある統計では、男性の法務従事者の生涯未婚率は約13%とされています。男性の生涯未婚率の平均は下回っているものの、意外な数字ですね。

3. 多忙な仕事を支えてくれる賢妻の見つけ方

婚活では弁護士さんとの出会いを求めている女性が多数います。女性からみた弁護士の仕事は「正義感が強い」「堅実」「経済的に安定している」といったイメージです。弁護士という職業にふさわしい、多忙な仕事をする自分を支えてくれる女性と巡り会いたいなら、積極的に婚活をはじめてみましょう。

自然な出会いを待っていると、忙しさにかまけて、10年、20年と時間は過ぎてしまいます。 弁護士の妻ともなれば、一定の社会的ステータスも求められます。 優良な結婚相談所に入会し、価値観や条件の合う方お相手を探すのが、最良の方法ではないでしょうか。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る