保育士の婚活 | 婚活・結婚おうえんネット

保育士の婚活

男性にもなりたい人がいることを考えて、「保母」から名称が改められた「保育士」。しかしまだまだ女性が圧倒的に多く、職場に出会いは望めないのが現状です。この職業に就いているのは子供好きで責任感があり、包容力のある人たち。婚活の場では人気の職業です。

1.「子供好き」だけでは続かない、心身ともにタフさが必要な仕事

保育所で子供を預かる保育士や保母さんは、子供から慕われる人気の職業です。保護者から預かった子供たちの面倒を見ながら、絵本を読んだり、散歩に出かけたり、お昼寝をしたり…。保育士や保母の仕事は、母性あふれる職業として知られています。

子供と過ごすお仕事は一見楽しそうですが、実は大変な重労働。複数の子供たちの身体の安全に気をつけたり、ケンカを仲裁したり、体調の悪い子供のケアをしたりする仕事は、相手が子供だけに大変です。日々成長する子供を見守るのは楽しいことである一方、保護者の元に子供を無事に帰すための責任も伴います。「子供が好きで可愛い」ということ以上に、責任感やタフさも要求される職業です。

2.独身男性がまずいない、職場結婚のない環境

保育士や保母さんの悩みとしては、男性との出会いが少ないことが挙げられます。男性の保育士さんも少しずつ増えていますが、現実的には女性が圧倒的に多い職業です。普段接する機会がある男性は既婚者であることが多いので、結婚に結びつく出会いが少ないのが実情です。

3.子供への「包容力」をフル活用して婚活すれば、大人気間違いなし!

保育士・保母さんは婚活で人気の職業ですから、出会いに恵まれないなら積極的な婚活をオススメします。男性からは「母性的」「面倒見がよさそう」「優しそう」といったイメージが強く、甘えられてしまうことも多いかも。婚活中も保育士・保母さんらしい優しさや包容力を発揮すれば、よい結婚ができることでしょう。

「温かい家庭を築きたい」「優しさや愛情を大切にしたい」といった結婚観の男性と知り合うためにも、早速婚活を始めてみませんか。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る