幼稚園職員・先生の婚活 | 婚活・結婚おうえんネット

幼稚園職員・先生の婚活

男性からは人気が高い「幼稚園の先生」。男性からは、「優しそう」「癒されそう」「母性的」といったポジティブなイメージを持たれています。子供と接することで磨かれた母性や家庭的な様子をアピール出来れば、良いご縁に恵まれるかもしれません。毎日の生活で出会いがないと心配なら、積極的な婚活に参加してみるのがオススメです。

1.体力勝負。たくましくなければ続かない職業

幼い子供が最初に接する大人として「幼稚園の先生」が挙げられます。幼児教育や児童心理を学び、免許状を持った人が幼稚園教諭になることが出来ます。

幼い子供と触れ合う幼稚園教諭は、子供に対する優しさと責任感が必要な仕事。幼い子供を保護者から預かる仕事は責任重大。お遊戯や運動、食事やトイレの世話、ケンカの仲裁など、とにかく体力勝負の仕事が多いのが現状です。にぎやかで楽しい、明るい職業である一方、「子供が可愛い」というだけでは続けられない重労働でもあります。優しさやたくましさ、責任感や注意力などが必要な職業です。

2.男性1%未満?出会いの少ない職場

幼稚園は女性の多い職場としても有名です。実際に、男性の幼稚園教諭はごくわずか。2013年の統計によると、女性教諭103,738人に対し、男性教諭はわずか7373人。実に1%にも満たない数です。職場の全員が女性ということも珍しくありません。日頃接する恋愛や結婚につながるチャンスはとても少ないと言えます。

毎日、自宅と幼稚園との往復で出会いがない、と感じているなら、婚活を始めてみることをオススメします。実は男性からは人気が高い「幼稚園の先生」。男性からは、「優しそう」「癒されそう」「母性的」といったポジティブなイメージを持たれています。子供と接することで磨かれた母性や家庭的な様子をアピール出来れば、良いご縁に恵まれるかもしれません。

3.婚活パーティーで引っ張りだこ?
幼稚園の先生におすすめの婚活方法

最後に、幼稚園の先生におすすめの婚活方法を紹介します。幼稚園の先生は、看護師などと並び、男性に人気の職業となっています。婚活パーティーに参加すれば、引っ張りだこになることでしょう。

しかし、注意も必要です。婚活パーティーの中には、サクラや遊び目的の男性が混じっているものもあります。婚活パーティーに参加する場合は、しっかりとした会社が運営しているか、参加者の身元確認を行っているかなど、確認をしてから参加しましょう。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る