パイロットの婚活 | 婚活・結婚おうえんネット

パイロットの婚活

フライト中はもちろん、離陸までにも多くの業務をこなすパイロットの仕事。その分年収は高く、異性に人気なイメージです。婚活事情はどうなっているのでしょうか。

1.知力・体力と、責任感が必要な厳しい職業

大空を飛ぶ飛行機の操縦士のことを「パイロット」「航空機操縦士」などと呼びます。日本では「パイロット」といえば航空機操縦士のこと。日本では航空機の飛行には「航空従事者」という、国家資格が必要となります。

パイロットになるには大変な訓練と、それを突破できる体力と知力が必要です。視力や三半規管といった身体的な適性のほか、英会話や心理面での強さも問われます。
その他、離着陸の訓練や有視界飛行など、飛行経験も必要。副操縦士になるだけでも最低5年、機長になるには平均でも15年かかると言われています。更には、大型機のライセンスを身につけるなどその後もスキルアップが要求されます。

多くの人命を預かり、安全に目的地に送り届けるのがパイロットの仕事。事故や事件などのリスクも高いですが、その分多くの人から尊敬の眼差しで見られる職業でもあります。パイロットの平均年収は1200万円ほど。高級なのは当然と言えるでしょう。何より子供の頃から空が好きで「パイロットになりたい」という夢を持つことが、パイロットへの第一条件。夢を叶えたパイロットの男性は、「ロマンチスト」とも言えそうです。

2.年収は高いけれど、忙しくて出会いがない

パイロット不足が深刻な今、多くの航空機操縦士が激務に追われています。フライト中はもちろん、職場での出会いがなかなか難しいのも現実です。「そろそろ結婚したいな」と感じたら、婚活をはじめてみませんか。

パイロットは多くの女性から人気の職業です。精神的な強さや危機敵状況での的確な判断力は、パイロットに欠かせないもの。結婚後も良きパートナーとして、女性からは「ロマンチスト」「頼もしい」「経済力がある」といった高い評価を得られます。出会い不足を解消し、結婚したい女性と出会える婚活の場に積極的に参加してみましょう。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る