男性の結婚と出会い

生涯未婚率の割合は男女共に年々増え続けています。男性を取り巻く仕事の状況はどう変わったのでしょうか。

一生独身かも?の不安

結婚したい男性にとって不安の1つとなっているのが"生涯未婚率"です。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚したことがない人の割合です。

生涯未婚率の割合は男女共に年々増え続けていますが、2010年時点で男性が20・1%を超えました。日本の男性の2割が独身のまますごすかもしれないということです。

「このままでは一生独身かもしれない」という不安は、結婚したい男性にとって大きなプレッシャーとなっています。

特に20代、30代と夢中で仕事をしている間は結婚の重要性がさほど気にならないものの「40代になって急に独りが寂しくなった」「周りはみんな奥さんがいて子どももいる、うらやましい」という気持ちになる男性も多いようです。

仕事の現状と結婚

一生独身の男性が増える理由には、仕事が大きく影響しています。経済の悪化から非正規労働者が増え、正社員でもその給与額は20年前、10年前と比べて大幅ダウン。その上、グローバル化やネットワーク化が進んだために世界中いつでもどこでも仕事にアクセスできる世の中になりました。

「忙しい割に給料が低い」という今の世の中では、必死に働かなければ結婚はおろか、自身の生活も危ういという厳しい現実があります。

毎日の通勤と残業で深夜遅くに帰宅し、土日は泥のように眠るという生活の中では、出会いのチャンスを見つけるほうが困難です。以前は仕事が忙しくても、職場恋愛から結婚へ発展するケースや、会社の上司や同僚らとの付き合いから異性を紹介されることがありました。

しかし現在は職場の人間関係がビジネスライクになっていることもあり、職場をきっかけに恋愛・結婚へ発展することも少なくなっています。

男性を取り巻く仕事の状況は厳しく、結婚への出会いを阻む要素が多いといえます。結果、積極的に出会いを探さなければいつまでも結婚できず、生涯独身になることも十分に考えられるわけです。

出会いづくりのきっかけを結婚相談所で

出会いの少ない男性の婚活サポートに最適なのが結婚相談所です。結婚相談所では定期的にパーティーやイベントを開催し、出会いづくりのきっかけを提供しています。忙しくても参加できる短時間のパーティーやイベントに参加すれば、普段の生活での出会いの少なさをカバーできます。

結婚相談所なら「結婚したい女性」とだけ出会えるので、安心してお付き合いし結婚することができます。出会いから3ヶ月、半年でゴールインしたというカップルも多くいます。結婚相談所では女性とのお付き合いに自信がない人でも大丈夫なように、カウンセリングやセミナーなども用意されています。自分に合った結婚相談所を選ぶためにも、まずは資料請求を行なってみましょう。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る