男性編:婚活がうまくいかなくなるパターン | 婚活・結婚おうえんネット

男性編:婚活がうまくいかなくなるパターン

それでは、婚活をしている男性が「うまくいかない」と感じるパターンを3つ見ていきましょう。

その1:「忙しくて時間がない」

婚活を始めたのにも関わらず、仕事の忙しさや疲れなどで婚活に割り当てる時間が少ない人が陥りがちなパターンです。「お見合いパーティーに参加したいけど、時間が取れない」「マッチングでいいなと思った女性に会った後、少しメールの間隔が開いたら拒否された」など、婚活しているけれどうまく持続できない状態が続きがちです。

婚活は将来的に結婚・家庭につながるアクションです。婚活と仕事、婚活と自分の生活が両立できないということは、女性から見て「自己管理が下手な人」「結婚生活と仕事がうまく両立できないのでは?」という疑問を持たれてしまいます。

仕事でのスケジュール管理が大切なように、婚活にもスケジュール管理はとても重要です。まずは自分の時間の使い方を見直しながら、まずは「婚活が続けられる」状態を目指し、無理のない婚活スケジュールを組みましょう。

その2:「自分に自信がない」

女性との交際経験があまりない人や、自分自身にコンプレックスを感じている男性が陥りやすいパターンです。自分に自信がないため、女性と何を話していいかわからなかったり、どういう服装がいいのかわからない、というタイプの人が多いようです。中には結婚に焦るあまり、出会っていきなり「僕と結婚したら…」と結婚後のことを持ちだしてしまう人も。

婚活は結婚を前提にした相手探しです。婚活中の誰もが「この人でよかった」という相手と巡り会いたいと思っています。

自信のない男性からにじみ出る不安定さは、女性にとって「この人と結婚して大丈夫なの?」といった不安感につながります。結婚相手とは安定した家庭生活を営みたい婚活女性にとって、自信がない男性の不安定さは敬遠されやすいのです。

このタイプの男性は女性から敬遠されるうちに、ますます自信を失い、どんどん婚活がうまくいかなくなる…というスパイラルに陥っていきます。自信のなさは言葉だけでなく、態度や姿勢、服装などにも現れるもの。

逆にそこさえクリアすれば、自信を持って女性にアプローチ出来るようになります。婚活セミナーやカウンセリングを行なって、自分の自信のなさを克服することが先決です。

その3:「婚活そのものに興味が持てない…」

親から結婚のことを強く希望されたり、かつて恋愛や結婚で傷ついた男性が陥りがちなパターンです。

もともとが消極的なため、婚活を始めても積極的になれない。婚活中の出会いのシーンでも「本当にこの女性でいいのだろうか?」「結婚して一緒に暮らせるだろうか」と疑問に思ってしまうなど、婚活そのものに消極的な人に多く見られます。

婚活のための動機は人それぞれ。結婚を取り巻く親や仕事、将来など、などさまざまな問題を抱える男性にとって、結婚に対する思いは複雑なものがあります。しかし、結婚は自分自身の人生の問題です。

婚活中にも関わらず、どこか受け身な男性は女性から見ても「結婚への意欲がはっきりしない、不まじめな人」という印象に。そうなるとますます婚活が楽しくなくなり、疲れが溜まります。

婚活初期は婚活に情熱があったものの、時間が経つにつれて消極的になる人もいます。婚活中の疲れを癒しながら、そもそも「なぜ婚活したいのか」「結婚を望む理由は何か」といった根本的な問題を解決し、その上で、自分に合った婚活方法を改めて見なおすほうが良さそうです。

男性が陥りがちなうまくいかないパターンにも対応できるよう、結婚相談所ではネットを使った婚活方法や自信アップにつながる婚活セミナー、婚活カウンセリングなどを包括的に行なっています。婚活について1人で悩まず、安心して婚活が出来る結婚相談所を探してみませんか。まずは無料資料請求を行い、結婚相談所を比較検討してみましょう。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る