婚活男性の不足と理想の結婚 | 婚活・結婚おうえんネット

婚活男性の不足と理想の結婚

結婚は、現実的なものです。結婚後、実際の生活を共にすることになるパートナーはどのような男性がよいのでしょうか。 経済状況の悪化や女性の社会進出、社会制度の不備など厳しい状況の中、婚活中の男女比は逆転しています。結婚の理想と現実を見なおしてみましょう。

1.条件に幅をもたせる

婚活している男性は、「結婚したい!」という意思のある男性です。しかし、登録している男性の中にも差はあり、ばらつきもあります。「年収は必ず600万円以上でないと」とか「職業は安定した公務員か医師がいい」などと限定的になってしまうと、出会いの数そのものが減ってしまうことになります。

実際の婚活での男女比は4:6。女性のほうがやや多いのです。実際には女性の方が選ばれる立場であることを自覚しましょう。

2.人柄を大切に

結婚は実生活を共にすること。ですから、収入や職業などの基本条件はもちろん大切です。しかし、どんなに素晴らしい条件であっても、「一緒にいるのが苦痛になる相手」と共同生活を送ることは難しいでしょう。

条件だけにとらわれず、「一緒にいると安心する」「笑顔が素敵」「優しくて、思いやりがある」など、出会った男性の性格や雰囲気、趣味嗜好に注目しましょう。幸せな気持ちでいられる相手との生活であれば、幸福な結婚生活が続きます。

3.自分の将来設計を見直す

婚活する女性の中には「専業主婦になりたい」「子どもは○歳までに○人持ちたい」といった願望を持つ人も数多くいます。しかし、経済的・時間的な制約の多い男性が多い中で、あまりにもさまざまな要求をすることは男性の結婚意欲を低下させる結果を招くだけです。

現実の中で幸せな結婚をするためにも、リアリティをもった自分の将来設計を考えてみましょう。「専業主婦が理想だったけど、子どもができるまではパートで頑張る」といったシフトチェンジや、「子育てしながら働く時のために、預けられる施設について調べておく」といった情報収集など、できることはいろいろあります。婚活中から結婚後のしっかりしたビジョンを持ち、現実的な対策を講じていきましょう。

結婚は実生活を共にすること。ですから、収入や職業などの基本条件はもちろん大切です。しかし、どんなに素晴らしい条件であっても、「一緒にいるのが苦痛になる相手」と共同生活を送ることは難しいでしょう。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る