高い理想と婚活の現実 | 婚活・結婚おうえんネット

高い理想と婚活の現実

先の見えない時代を一緒に生きてくれる相手を探す条件として、「年収」や「職業」などに高い安定感を求めている人が増えてきています。決して高望みではないけれど、案外に難しい普通さ、平凡さ。確実に結婚できる相手を見極めるにはどうしたらいいでしょうか。

「普通がいい」という高望み

結婚に対して抱くイメージは人それぞれですが、多くの人が「幸せ」「楽しい」「安心感」「居場所がある」「充実感」などの理想的なイメージを持っているのではないでしょうか。

かつて結婚には、「実質的な家庭生活を営むため」「社会的に一人前と認められる」「子どもを育てるのに必要」といった固定化したイメージがありました。ですから、誰でも一定の年齢になれば交際中の人と結婚したり、お見合いをして結婚相手を探したり…ということが当然だったのです。

しかし、現在はライフスタイルが多様化し、職業や働き方もさまざまで、以前には考えられないような自由や便利さも手に入るようになりました。一方、社会経済不安定で「この生き方が当たり前」というような固定観念を持つこと自体が難しくなっています。

そんな中、多くの人が願うのが安定感や安心感です。「先の見えない時代を一緒に生きてくれる相手が必要」「どんな状況でも自分を守ってくれる人と結婚したい」。そんな相手を探す条件として、「年収」や「職業」などに高い安定感を求めている人が増えてきています。

新たな結婚像の理想「平均」「平凡」「平穏」

結婚に対する条件として、男性も女性も「平凡」「普通」「平均」というごくごく普通を求める人が増えています。

しかし、自分では「普通」と思える条件も、他人から見ると少しずれていたりすることがあります。「誰もが思う普通」という定義は意外と、とらえどころのないものなのです。

自分が思う普通さは、その人自身が育った環境や、身の回りにいる人の影響を大きく受けています。そのため、普段とは違う人と接する機会が増えると「えっ?これが常識なの?」「自分は普通じゃないかも?」といった価値観の変化が起きます。

婚活ではお見合いパーティーや婚活イベントを通して、さまざまな新鮮な出会いがあります。そのなかで自分の思う「普通」に自信がなくなると、何を基準に婚活をしていいのかがわからなくなり、悩んでしまうことになります。

決して高望みではないけれど、案外に難しい普通さ、平凡さ。「性格も普通で、背の高さも普通、年収も普通の人…」というふうに普通を追い求めていくことは、ある意味高望みと言えなくもないのです。

運命やドラマに対する期待

普通な結婚を目指す人がいる一方で、結婚に対するあこがれが強い人もいます。婚活に対する理想として挙げられるのは「運命の出会い」や「ドラマティックな出来事」への期待です。

「一目見た瞬間に"この人"と思った!」「あきらめようとしたその時に突然連絡が来て、結婚することになった」…婚活中にドラマティックな出来事で結ばれるカップルもいますが、たいていのカップルは着実なコミュニケーションを積み重ねた上で、相手を認め合い、結婚に至っています。

婚活中は異性と出会うためのものですから、劇的さやロマンティックさを求めるのは当然かもしれません。しかし、確実に結婚できる相手を見極めるには冷静さや客観性が必要です。

実際の結婚に必要なのはドラマや小説のようなあこがれではなく、「この人とならやっていけそう」と思える信頼感や安定感。「素敵な出会いじゃなかった」「なんだかときめかない…」という前に、出会った相手の良いところも悪いところも少し冷静に見てみてはどうでしょう。相手に求める期待と、自分自身との釣り合いを丁寧に見なおすことが大切です。

結婚は未来への投資

婚活では結婚することが目標になりがちですが、結婚は一生のもの。自分や相手の未来がこれからどうなっていくかは誰にもわかりません。年収や年齢、職業といった条件も、いつまでも同じではないのです。

「条件はあんまりいいとはいえないけど、この人となら頑張ってやっていけそう」「理想とはちょっと違うけど、この人と出会えてよかった」そう思える相手と出会うには、出会い方の工夫や自分磨きなどの努力が必要です。

結婚相談所では包括的に婚活をサポートしています。自分ではわからなかった条件設定の落とし穴についてアドバイスをもらったり、自分では気づかなかった魅力を引き出すサポートを受けたり。結婚相談所での婚活でなら、無理なく等身大の自分にあった幸せな結婚を目指すことができます。

まずは無料資料請求を行い、自分にとっての理想の結婚を目指した婚活を始めましょう。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る