高い収入・学歴と理想の婚活 | 婚活・結婚おうえんネット

高い収入・学歴と理想の婚活

婚活で職業や年収と共に条件に挙がるのが「学歴」。しかし結婚は学歴とするものではなく、実際のその人の人柄や性格とするものです。頭で思い描いた理想像に振り回されるのではなく、現実の相手との相性を大切にしましょう。

婚活では高年収の人がモテる?

婚活中、気になる条件として挙がる「年収」。男性の平均年収が300~400万円台と考えると、今では年収600万円以上は立派な「高年収」と言えます。

結婚相談所の登録者の中で年収600万円以上の人は2割ほどですが存在します。ですが、婚活中に出会える人は年収300~500円台の「普通の男性」が多いと考えたほうがよいでしょう。

男性の側からすると「年収が高くない自分はモテないのでは」という心配があるかもしれませんが、実際に婚活している女性からすると「年収は多いほうがいいけれど、自分も共働きをするつもりがあるのであまりこだわらない」というのが本音の様子。

とはいえ、女性は出産や育児の大変な数年間は仕事に復帰することが難しいので、男性にはそれなりの年収や経済力などを求めていると考えられます。

先の見えない時代、どんな大企業で働いていても離職や転職は十分にあり得ます。年収の高い低いよりは、「仕事を頑張っている人」「働くことに意欲がある人」という内面的なものが感じられる男性は婚活でも人気になるでしょう。

最終学歴は「大卒」が最多

婚活で職業や年収と共に条件に挙がるのが「学歴」。結婚相談所に登録している人の半数以上が大卒です。

昔のような「三高」というステイタスが力を持った時代とは違い、現在は「大卒=それなりに勉強し、常識的に人生を送ってきた人」という意味合いが強いようです。「大学を出ている」ということが安心材料の一つですが、あくまでも参考程度といった感じです。

一方で、「○○大学卒」「××大学院卒」といった高学歴な人を結婚相手の条件に求める人もいます。

理由は「頭の良い人が好き」「自分も高学歴なので、同等かそれ以上の学歴の人でないと合わないと思う」「親が高学歴な人との結婚を勧める」などさまざま。こういった理由のある人は、特定の大学を卒業した人や、大学院卒などの高学歴な人を条件にあげています。

しかし結婚は学歴とするものではなく、実際のその人の人柄や性格とするもの。

「高学歴な人は素敵だと思っていたけど、実際は話が合わなかった」「高学歴な人とでないと合わないと思っていたけど、実際には高卒の人と一番相性が良かった」など、実際に相手に接してみないとわからないことはたくさんあります。頭で思い描いた理想像に振り回されるのではなく、現実の相手との相性を大切にしたいですね。

結婚相談所で出会う理想の相手

結婚相談所には年収、学歴ともに平均以上の人が多く入会しています。結婚相談所での出会いなら、相手の年収や学歴も確認済みですから安心です。普通の条件を満たす人と出会いたい人も、年収や学歴にこだわりのある人も、まずは結婚相談所の無料資料を請求し、婚活を始めてみましょう。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る