女性編:婚活がうまくいかなくなるパターン | 婚活・結婚おうえんネット

女性編:婚活がうまくいかなくなるパターン

それでは、婚活をしている女性が「うまくいかない」と感じるパターンを3つ見ていきましょう。

その1:「男性は○○じゃないとイヤ」

男性の収入や年齢、見た目に一家言あるタイプの女性です。こういった女性は、男性に対する期待が大きく、独りよがりになりやすい傾向があります。理想の結婚や結婚相手に対する希望が具体的すぎ、その基準に合った男性を選ぼうとするため婚活がうまく行かなくなるケースが多いようです。

結婚は現実にいる男性とするものです。まずは「相手を選ぶ」という発想を脇に押しやり、自分の身の丈にあった条件設定を考えなおすところから始めましょう。

また、細かな条件を積み重ねすぎても出会いのチャンスは減るものです。妥協できる条件、絶対に譲れない条件など、条件の優先順位そのものを見直すのも有効な解決策になります。

その2:「いい男性に出会えない」

婚活でいろいろなタイプの男性に出会っているのにも関わらず、相手に対して物足りなさを感じている女性が陥りがちなパターンです。もともとまじめでしっかりしていて、男性を見る目が厳しく、理想と現実のギャップに失望しがちなタイプと言えます。

このタイプの女性は男性に対してマイナス評価をしやすい点が問題です。「こんなデートってありえない」「食事の時にこんな話題なんて」などなど、男性と出会っても良い部分を見つけにくいのがネック。そのうちに「いい男性ってどこにいるのかしら?」と婚活がうまくいかなくなる悪循環に陥ります。

結婚はお互いを理解し合い、関係を深め合っていくもの。出会ったすぐにあれこれと目に付く部分があっても、気長に相手と接することで良い部分が見えてくることもよくあります。

まずは、男性に対して大らかになり、ポジティブな目線で婚活を続ける根気を持つことがポイントになります。

その3:「婚活そのものが趣味」タイプ

婚活当初は結婚が目的だったはずが、お見合いパーティーにおしゃれして参加することが楽しくなったり、婚活イベントに参加することが趣味になったりするタイプの女性がこれに当たります。また、「婚活のため」と称して自分磨きにお金や時間を費やしがちな女性もこのタイプです。

このタイプの女性は、「婚活して結婚する」という本来の目的よりも、パーティーやイベント、ネイルサロンやエステなどに行くことが目的になってしまい、そちらに本気になっていることが挙げられます。

男性との絆を深めるよりは「婚活を頑張っている自分」というものにフォーカスしているため、男性と出会いや交流にはあまり身が入っていないケースも。長々と婚活を続けてしまう女性は、このタイプが圧倒的です。

まずは「婚活=結婚」という大前提を思い出し、なんのために婚活をしているかをはっきりさせましょう。お金も時間も費やして得られる良縁のために必要な行動を起こすことで、長引いた婚活からスムーズにゴールインできる人もいます。まずは自分の婚活に対する取り組み方を見直しましょう。

悩み事は人に話すと解決策が見つかりやすくなります。友達や身内に相談しづらい悩みも、プロになら安心して相談出来ますよね。

結婚相談所ではプロの婚活コンサルタントやカウンセラーが婚活中の悩みを聞き、一人ひとりに合った解決策を提示します。自分の婚活がスムーズに運ぶためにも、まずは無料資料請求を行い、結婚相談所をしっかり選ぶことが大切です。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る