親の婚活パーティー「結婚相談所マリックスの親おや交流会」(後篇) | 婚活・結婚おうえんネット

親の婚活パーティー「結婚相談所マリックスの親おや交流会」(後篇)

婚活・結婚おうえんネットのスタッフは、結婚相談所「マリックス」が主催する親の代理婚活パーティー「親おや交流会」を取材しました。 前篇では、親おや交流会開始直前までの様子をお伝えしましたね。後篇ではいよいよ開始から終了までの流れや、実際に参加した親御さんの声などをご紹介します。

→親の婚活パーティー「結婚相談所マリックスの親おや交流会」(前篇)

いよいよ親おや交流会開始!子供のために真剣そのもの

12:50 親おや交流会開始

いよいよ親おや交流会が始まりました。
この日は参加者の集まりが早かったので、少し前倒しでの開始となりました。 代表升村さんの挨拶のあと、女性スタッフから会の進行方法や欠席者の番号がアナウンスされます。 本日の欠席者の中には、前の親おや交流会で出会い交際が始まった人がいるとのこと。場内から、おおっと声があがりました。
お父さんお母さん、がんばってください!

13:00~13:40 ご子息様側のアピールタイム

親おや交流会では、このようなスケジュールで進行します。
1.ご子息様側の親が席を立てる時間(40分)
2.お嬢様側の親が席を立てる時間(40分)
3. フリータイム(40分)

まずは、ご子息様側のアピールタイムが始まりました。
普通の婚活パーティーだと、男性側が数分ごとに席を移動し、まんべんなく全員と会話するシステムが一般的。しかし親おや交流会は、気になるお相手とじっくり話ができるようになっています。

リストのチェックにたっぷり時間をとっているため、皆さんスムーズに話したいお相手のところに移動します。参加者が年配の親御様だからでしょうか、競い合うような雰囲気はなく、話したい相手がかぶったら譲り合い落ち着いて順番を待っています。
お話ししてお互いに興味を持てば、身上書と写真の交換です。

ポイント 身上書

子供の履歴書のようなもので、事前に配られるチェックリストには載っていなかった詳細な住所や連絡先、勤め先など、親御様が気になる細かい情報が記入されています。
身上書と写真は後の返却が義務付けられており、このことは事前に厳しく説明されます。主催者が個人情報の管理に責任をもっているんですね。

13:40~14:20 お嬢様側のアピールタイム

あっという間に40分が立ち、今度はお嬢様側の親御様が席を立ちます。
リストを拝見したところ、女性側の年齢は20代半ば~40歳くらいと幅広い。写真を見せてもらうと、(失礼ですが)意外にもきれいな人が多く、親御様が代わりに婚活していることが不思議になります。 少なくとも私が見かけた中には、暗い印象の人や太っている人はいませんでした。
仕事が忙しくて婚活できなかったり、まだ積極的に婚活という気になれなかったりする女性の、まさに「代理で」親御様が来ているんですね。

14:20~15:00 フリータイム

お嬢様側のアプローチが終わると、どちらが席を立ってもいいフリータイムです。
このタイミングでコーヒーとサンドイッチが配られ、思い思いに休憩をとりながらの進行となります。 そういえば、開始からもう1時間半もすぎるんですね。ご年配の親御様の中には、少し疲れた様子も見て取れました。

15:00 親おや交流会終了

盛況のうちに親おや交流会は終了となりました。
この後も気が合ったのでしょうか、ホテルのロビーで話している人もわずかにいます。 この後は会場の片づけを手伝いつつ、マリックスのスタッフさんとお話しさせてもらいました。

参加者にもお話を聞くことができたので、ご紹介したいと思います。

実際に参加した親御様に話をきいてみました

実際に参加した人に、参加した理由・お子さんについて・参加してみてどうだったか を聞いてみました。

ご夫婦できていたAさん 千葉県 お子さんは32歳の女性

娘は公務員をしています。ずっと一人暮らしをしていて料理もできますし、生活力があるんです。でも逆に一人で生きていけるせいか、いまいち結婚に積極的になってくれなくて…。ついつい結婚をせかすようなことを言ってしまうと、「そのうちね」と流されるばかり。思い切って自分が動くことにしました。
嫌がるかと思って申し込む前に娘に相談したら、「お母さんいい人見つけてきてね!」と案外前向きでした。本当は、自分で見つけてきてほしいのよ!って思いましたけどね(笑)
今日は、堅実で結婚に向いてそうな人と身上書を交換できました。希望よりちょっと年上ですが、ご両親が優しそうで仲のよさそうな人。これからが楽しみです。参加してよかったです。

ご夫婦できていたBさん 埼玉県 お子さんは36歳の男性

息子はどちらかというと女性に奥手な感じで、以前は彼女の話を聞くこともあったのですが、最近は全然で。親としてはこのままずっと独身じゃないかと不安になってしまいました。 昔は20代で結婚するのが普通だったし、自分たちも結婚して本当によかったと思えますから、息子にもそろそろ結婚してほしいんですが…。仕事では結構稼ぎもありますので、家庭をもたないのはもったいないですよね。
親おや交流会への参加は、今日が2回目です。同じ悩みを持っている親と話し、息子くらいの歳で結婚していないのは、今ではよくあることだと知って、気が楽になりましたね。
(長時間の参加は大変ではないですか、との質問に対して)少し疲れましたけど、息子の将来のことを思うとそんな疲れも吹き飛びます。

答えていただいた参加者のみなさん、ありがとうございました。
親御様の真剣な気持ちを読者の皆さんに伝えられたら幸いです。

主催者マリックスからのメッセージ

親おや交流会を主催するマリックスの代表升村さんにもお話を聞いてきました。

マリックス代表 升村さんのメッセージ

「親おや交流会」について親の過保護であるとする見方があります。お子様の中にも同じように考え反発する方もあるようですが、それは見当違いというものです。婚活はあくまでご本人のものであって、親ができるのはそのキッカケづくりだけなのです。

親御様がホットな情報を入手し、お子様がそれを活用して婚活に励むという構図です。親が子どもの縁談を主導するとの見方は間違っているのです。この点、くれぐれも誤解の無いようにお願いします。しかしながら、お子様の婚活意欲を引き出すのは勿論親御様の役割であると言えましょう。

いつの時代も、親がわが子の幸せな結婚を望むものです。
結婚相談所マリックスではそんな親御様の力になるべく、東京・大阪・名古屋・福岡の4都市で親おや交流会を開催しています。 毎回親御様は会場に来られるものとても早く、子供を思う真剣な気持ちを強く感じます。親おや交流会からはじまる良縁が増えるよう、スタッフ一同願っています。

また、マリックスでは通常の結婚相談所としてのサービスを展開しており、会員同士のお見合いパーティーである「華の会」がとても好評です。こちらは、男女の年齢を合わせた少人数のアットホームなパーティーです。
マリックスの特徴は、質の高いスタッフによる暖かい手作りのお引き合わせです。相談は無料なので、興味があれば是非気軽に来てくださいね。


今回取材させてもらったマリックスは創業40年を越え、本社の東京新宿の他、大阪、名古屋、福岡に支部を置き、全国的にサービスを展開している老舗の結婚相談所です。 最近はマリックスの他にも代理婚活を扱う結婚相談所や結婚情報サービスが増え、親の婚活は年々増えつつあります。このサイトではご本人以外からの資料請求も可能です。お子さんの結婚にお悩みの親御様、まずは資料請求から始めてみませんか。

親の代理婚活を行う結婚相談所への資料請求はこちら

 

あわせて読みたい



トップへ戻る