離婚から学ぶ再婚のヒント3つ | 婚活・結婚おうえんネット

離婚から学ぶ再婚のヒント3つ

離婚の原因は人それぞれですが、「バツイチ」の経験を善きものにするためにも再婚へのヒントとなる、1.結婚の「言い訳」を反省する、2.冷静な視点を持つ、3.自分の寂しさを認める、の3点にについて考えていきましょう。

「バツイチ」の経験を善きものに

 

結婚する時は誰でも末永い幸せを描くもの。しかし、実際には日本での離婚件数は平成元年以降に急増。平成14年には離婚件数は29万人と最大数を記録しています。マスコミ報道などでも、「結婚したカップルの3組に1組が離婚」などと取り上げられるように、「バツイチ」は身近なキーワードになっています。

離婚した人は誰しも「失敗してしまった」「傷ついた」という想いを抱きます。生涯を共にと誓った相手に裏切られた。楽しく幸せに過ごせると信じていたのに、実際は違った。意気投合したと思ったのに、生活や将来設計の上で食い違いが起きてしまった…。

離婚の原因は人それぞれですが、時間やお金、愛情や信頼をかけた関係が失われてしまうのは、とても辛いことです。 しかし、離婚の経験を善きものとできるのは、離婚後の人生だけ。少し気持ちが整理できてきたな、と感じたら、自分の経験を振り返り、次の幸せの糧としてみても良いのではないでしょうか?バツから学ぶ、再婚へのヒントを考えてみましょう。

1.結婚の「言い訳」を反省する

再婚を考えるときも「寂しいから」「バツイチと見られるのが嫌だから」という言い訳にこだわると、再度の離婚を招きかねません。まずは、自分の気持ちや意思を確かめましょう。

「親が…」「年齢が…」など、言い訳の材料が多い結婚は、自分の気持ちや意思とかけ離れやすく、結果、離婚を招くことも多いのです。

再婚を考えるときも「寂しいから」「バツイチと見られるのが嫌だから」という言い訳にこだわると、再度の離婚を招きかねません。まずは、自分の気持ちや意思を確かめましょう。

2.自分の寂しさを認める

熟年離婚、スピード離婚など、離婚に対する言葉が生まれるほど、多様化した離婚。しかし、幸せのない結婚をやめ、離婚という決断をしたあなたには、新しい希望を持つチャンスを手にしています。離婚を経験したからこそ、本当に大切なことがわかった!という人も多いはず。バツイチ、バツニだからと諦めず、再婚に向かって、希望を持って下さいね。

「離婚してせいせいした」「自分は一人でやっていける」と思うのも強いことですが、「やっぱり一人は嫌だな」と、自分の寂しさや孤独を素直に認めることも大切です。温かさや幸福感を求める思いは、再婚への大きな原動力になります。

熟年離婚、スピード離婚など、離婚に対する言葉が生まれるほど、多様化した離婚。しかし、幸せのない結婚をやめ、離婚という決断をしたあなたには、新しい希望を持つチャンスを手にしています。離婚を経験したからこそ、本当に大切なことがわかった!という人も多いはず。バツイチ、バツニだからと諦めず、再婚に向かって、希望を持って下さいね。

3.冷静な視点を持つ

悲しみや辛さなどの激しい感情が落ち着いた後なら、自分を責めすぎず、冷静に反省することができるはず。気持ちと共に、事実も少しずつ整理していきましょう。

再婚したいと思うなら、「金銭感覚」や「ライフスタイルへの考え方」など、結婚生活の上で重要なポイントを曖昧にしないこと。相手の欠点を見逃したり、自分で見栄を張り過ぎないようにしましょう。恋愛感情やフィーリングとは別の、冷静な視点を持ちましょう。

悲しみや辛さなどの激しい感情が落ち着いた後なら、自分を責めすぎず、冷静に反省することができるはず。気持ちと共に、事実も少しずつ整理していきましょう。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る