中高年からの婚活 - 出会いの心得 | 婚活・結婚おうえんネット

中高年からの婚活 - 出会いの心得

中高年の婚活では、多くの熟年世代が婚活に真剣に取り組んでいます。どなたも、真剣に生涯のパートナーを求めている方ばかりです。中高年の婚活に際する、コミュニケーションや印象アップについて紹介します。

コミュニケーションや印象アップ

中高年の婚活では、多くの熟年世代が婚活に真剣に取り組んでいます。どなたも、真剣に生涯のパートナーを求めている方ばかりです。ミドル・シニア世代は見た目に加え、「人間味」などの要素も魅力に加わります。

自分の良さをわかってもらいたい、素敵な人と思われたい。これは年齢にに関係のない共通の願いです。「誰でもいい」とは言えない年齢だからこそ、出会いの質を重視するべきではないでしょうか。ここでは、中高年の婚活に際する、コミュニケーションや印象アップについて紹介します。

第一印象の評価を下げる原因と対策

中高年の婚活では、ファッションについての悩みが多いようです。特別におしゃれでなくともOKですが、「不潔感」や「だらしなさ」などで自分の第一印象の評価を下げるのは残念なことです。

中高年の婚活では、自分の印象を悪くする要素を知り、それらをなるべく避けることがポイントです。その上で素敵だと思われるファッション・見た目をプラスするように考えてみましょう。

印象の評価を下げる要素

  • ・不潔感やだらしなさ
  • ・濃いメイク
  • ・派手な色の髪・ファッション
  • ・違和感(サイズが合っていない・年齢に不相応など)

まず、自分の魅力の足を引っ張るのは、不潔感やだらしなさです。爪を切る、髪を整える、服やハンカチにアイロンを掛ける、靴を磨く、といったことは誰でも簡単に出来る心がけなので、細かいところから不潔感やだらしなさを一掃しましょう。

男性の場合は、と香水にポマードに腕時計に、と「オシャレアイテム」を頑張り過ぎると、やりすぎに思われることがあるようです。女性の場合は、濃いメイクや派手な色に注意。「自分にとってこのファッションが一番!」と思う人も、周りからすると強烈なインパクトに感じられ、相手から引かれてしまうケースもあります。

出会いの場では、白やピンク、明るいイエローなどのソフトなカラーが好印象で迎えられるようです。

婚活パーティーやお見合いパーティーに着ていく服は、ブランドや値段にこだわるより、「自分の顔色が明るく見える」とか、「背筋が伸びてシャキッと見える」など、自分の印象を良くするアイテムを上手に活用するのがオススメです。

これだけは守りたいトークの心得

中高年の婚活では、経験や年齢を生かした大人の会話を楽しみたいもの。「見た目はとてもおしゃれなのに、会話ががっかり」な人にならないようにしたいですね。

  • ・相手の話を遮らない
  • ・自分のことばかり話さない
  • ・年齢や年収をしつこく聞かない
  • ・無理に二人きりになろうとしない
  • ・明るい声と笑顔を大切に

婚活の場でも、普段の生活と同じような、相手への思いやりが大切です。相手の嫌がることを無理やり聞き出して会話を始めようとしたり、自分の話ばかりなのに会話が弾んだ気分になる、というのはNGです。

また、年齢や年収、子供の有無や離婚歴など、相手のプライベート情報にいきなり触れるのもNG。相手が乗り気でないのに、連絡先を聞こうとする、二人きりになりたがるなども、相手の気持ちを無視した行為となり、よろしくありません。

人の性格や態度など、もともと人に備わっているものは、どんなに隠してもその内にわかってしまいます。見た目とトークは、あなたの持つ素晴らしさや経験などを引き立ててくれる大切なポイントです。見た目とトークのコツを掴んで、自分を知り、相手を知るチャンスを広げて下さいね。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る