熟年・シニア世代と婚活パーティー | 婚活・結婚おうえんネット

熟年・シニア世代と婚活パーティー

子育てが終わり、仕事のゴールも見えてくる熟年・シニア世代はまだまだ元気です。最近はパーティー形式以外にも、散歩やバスツアーを楽しんだり、ゲートボールや俳句などの趣味を楽しんだり出来る婚活パーティーが増えています。

元気いっぱいの熟年・シニア世代

50代、60代、それ以上の世代を熟年・シニアなどと呼びます。高度経済成長期に生まれ、子供時代を過ごした熟年・シニアたちは、道路がアスファルトに変わり、街が都市となっていく姿を見ながら成長してきました。

熟年・シニア世代は、働き盛りの30~40代の頃にバブル絶頂期を迎え、人生の転換期となる40代以降に平成不況を体験しています。

50歳を過ぎ、仕事・家庭ともに円熟し、豊かさを帯びる熟年・シニア世代ですが、最近では「熟年離婚」の増加もあり、熟年からの再婚やシニアからの結婚生活を考える人も増えています。

豊かな時間を楽しめる熟年・シニアの婚活パーティー

これまで仕事に家庭にと頑張ってきた熟年・シニア世代。「この年から婚活なんて…」と思われる方も多いかもしれません。

熟年・シニア世代ともなると、子育てが終わり、仕事のゴールも見えてきます。まだまだ元気な人も多い中で、「独りぼっちは寂しい」と、色恋を抜きにした人間同士のお付き合いや触れ合いを求める人が多いのも、熟年・シニア世代の特徴です。

熟年・シニアの婚活パーティーは、和やかな雰囲気の中、色々な方と楽しくおしゃべりし、お食事ができる会合のような感じです。参加できる人の中にはリピーターも多く、「またお会いしましたね」といった顔なじみが出来ることも。

パーティーやお食事会形式以外にも、散歩やバスツアーを楽しんだり、ゲートボールや俳句などの趣味を楽しんだり出来る婚活パーティーやお見合いパーティーもあり、趣味と実益を兼ねて参加することができます。

まずはお茶のみ友達からはじめよう

50代、60代となって見据えるのが自分の老後のこと。お金のこと、健康のこと、住まいのこと、親や子供のこと。それ以上に「自分は独りぼっちで死ぬのでは?」という、孤独死への不安がある人も多いようです。

孤独死から人を救えるのは、人とのつながりです。熟年・シニアのお見合いパーティーでは、知り合いやお友達が増える点もメリットです。「お茶のみ友達」からお付き合いが始まり、再婚に至ったケースも多くあります。

人生80年とも言われる時代。60歳を過ぎてもまだまだ働くことが出来る、元気な人が増えています。熟年・シニアの方の中には、婚活パーティーに参加するようになって、気持ちにハリが出た、毎日が楽しくなった、という生き生きとした感想を持つ方も多いようです。

しんみりと老いるには早い50代、60代。婚活パーティーには、「結婚」という目的だけでなく、「ふれあい」「親しみ」など、人の集まる場所にある活気や楽しみを含めた交流の場です。熟年・シニア向けのお見合いパーティーに参加することで、充実した人生を楽しむきっかけや、素敵な出会いに恵まれる期待が持てます。

 

あわせて読みたい



トップへ戻る