30代独身男性必見!婚活を成功させるためのポイント | 婚活・結婚おうえんネット

公開日:2022/01/31 更新日:2022/06/15

30代独身男性必見!婚活を成功させるためのポイント

「30代になって周りの友達が結婚していて焦る」「20代の頃に比べて出会いが減ってきた」という悩みを抱える30代の独身男性は多いのではないでしょうか。

30代になると、同い年でも人生のステージが人によって異なってくるものです。今まで一緒に遊んでいた友人が家庭を持って取り残されていく感覚になったり、やっと結婚したい気持ちが出てきたものの、出会いのチャンスがなかったり。婚期を逃してしまうのではないかと心配になりますよね。
そこで今回は、30代男性の未婚率や、婚活で女性が男性に望むポイント、30代の男性が婚活を成功させるためのポイントについて解説します。。
おすすめの婚活方法についてもご紹介するので、この記事を読めばあなたに合った婚活方法がわかるでしょう。。

厚生労働省の「令和2年版厚生労働白書ー年齢階級別未婚率の推移」によると、男性の未婚率は30歳〜34歳で47.1%、35歳〜39歳で35%でした。
年々増加傾向にある未婚率ですが、未婚者が増えている背景にはどのような理由があるのでしょう。内閣府が未婚者に対して行った調査によると、男性の結婚しない理由で多かったものは以下の通りです。

・適当な相手に巡り合わないから:55.4%
・結婚後の生活資金が足りないから:35.6%
・結婚資金が足りないから:31.6%
・自由や気楽さを失いたくないから:29.2%

男性は自身のライフスタイルを優先したいということより、経済的な理由で結婚していない人が多い様子です。理由として一番多い「適当な相手に巡り合わない」ということから推測すると、結婚することが当たり前ではなくなったことや、お見合い結婚の減少も背景として考えられます。

「いつかは結婚したいが、今すぐではない」と考えている方もいるでしょう。男性は年齢が上がっても需要があると言われていますが、実際は未婚のまま年齢が上がれば結婚できる確率は下がっています。

厚生労働省の人口動態統計の結果から算出すると、30代前半の独身男性が5年以内に結婚できる確率は25.8%でおよそ4人に1人です。30代後半になると、5年以内に結婚できる確率は15.3%にまで減り、およそ6〜7人に1人しか結婚できなくなります。さらに40歳男性の場合は12.8%まで下がり、5年以内に結婚できるのは7〜8人に1人という現状です。

30代前半のうちは、約半数が未婚ですが、40代を目前にすると未婚の男性は一気に少なくなります。各年代の5年以内に結婚できる確率を見ても、結婚したい気持ちがあるのであれば、今のうちから結婚に向けて動いていた方が賢明と言えるでしょう。

おすすめの婚活方法については以下の記事を参考にしてください。
3つの婚活サービスを徹底比較!>
あなたに合ったサービスを利用して、素敵な相手を見つけてくださいね。

婚活で女性が男性に望む4つのポイント

女性が婚活において男性に望むポイントは以下の4つです。
清潔感
家事能力
価値観
経済力
それぞれ詳しくみていきましょう。

1.清潔感

清潔感があることは、そもそも人付き合いの大前提で最低条件です。これがクリアできていないと交際にすら進みません。

人の第一印象は3秒で決まると言われているのはご存じですか?メラビアンの法則によると、印象を決める3つの要素の割合は「視覚情報」が55%「聴覚情報」が38%「話の内容」が7%と提唱されています。

身だしなみを整えて、良い印象を残せるように努力することは、人付き合いにおいてとても重要だと言えそうですよね。
髪型や服装など、出かける前に客観的に見て清潔感があるかどうか必ずチェックしてくださいね。

2.家事能力

現代の日本では、男性にも家事能力を求める女性が増えています。
総務省統計局の「労働力調査」によると、2020年の共働き世帯は68.5%でした。年々増加傾向にあり、20年前の2000年と比較すると18ポイントも上昇していることがわかります。

一昔前は「男性は外で働き、女性は家を守る」といった考え方が一般的でした。しかし現在は、共働きが増えて男性も女性も協力して家事を行う家庭が増えています。それでも依然として、女性の家事負担が多いのが現状です。
6歳未満の子どもを持つ共働き夫婦では、1週間あたりの妻の家事の平均時間が7時間34分なのに対し、夫は1時間23分で大きな差があることがわかります。
日本の長時間労働も相まって家事に割ける時間がないことも大きな要因ですが、家事や育児を「手伝う」という感覚を捨てて、協力して行う姿勢が重要です。

男性も共働きを希望しているにもかかわらず、家事は女性に任せたいという考えは御法度。お互いに仕事が忙しい・苦手でできないという場合は、家事代行に頼るのもおすすめです。代行サービスを上手に利用すれば、家庭の雰囲気をより良くすることもできるでしょう。

3.価値観

結婚して生活を共にする相手との価値観が合うかどうかは、とても重要な問題です。とはいえ、違う環境で育った2人なので、100%価値観が合うことはほとんどありません。
結婚に向けて色々な話をする中で、価値観の違いが現れた時にいかに話し合えるかが大切なポイントです。

「価値観が違うから無理」ではなく、違う部分は話し合ってお互いが歩み寄る姿勢を忘れずに。初めから価値観が全て一致している夫婦はいないということを念頭において、違う価値観を受け入れられるかどうか2人で模索していきましょう。

4.経済力

昔から女性が男性に望むポイントとして挙がるのが経済力。
現代において女性が男性に経済力を望むのは「仕事を辞めて家庭に入りたい」という思いからではないことが多いでしょう。子どもを望む場合、女性は一定期間仕事を離れる必要があり、その間は男性の収入に頼らざるを得ません。

また、子どもを望まない場合でも老後の資金のことを考慮して、共働きで自分と同等かそれ以上の収入を望む女性も多くいます。自身の収入によっては相手の収入にこだわりがない人もいるでしょう。
将来子どもを望むかどうか、共働きをするかどうかによっても、相手に求める収入は変わります。

相手に望むポイントは色々とあるものの、バランスが重要です。どれか一つだけクリアしていてもダメだし、何か一つが欠けているからと言ってダメなわけではありません。例えば、経済力に自信がないなら家事能力を磨くなど、アピールできることを作っておくのがおすすめですよ。

30代男性が婚活を成功させる4つのポイント

婚活で女性が男性に求めることについてわかったところで、婚活を成功させるためのポイントについてもご紹介します。「これまで婚活がうまくいかなかった」「結婚を前提にした婚活は初めて」という方に特に参考になるでしょう。

婚活中の交際は、結婚を意識していなかった時の交際とは少し異なる部分もあります。特に結婚相談所や婚活パーティー、マッチングアプリなどの婚活サービスを利用する場合は、特殊な交際状況になることもあるので、よく読んで実践してみてくださいね。
ポイントは以下の4つです。

・加点方式で判断する
・ライバルがいることを自覚して積極的になる
・気持ちを切り替える
・相手と話し合うことを意識する

それぞれ解説していきます。

1.相手を加点方式で判断する

婚活では相手を減点方式で評価するのではなく、加点方式で判断しましょう。
婚活で出会う女性は、あなたの好みの相手ばかりではありません。逆に、条件に合うと思っても、相手を知っていったらイメージと違ったり、合わない部分が出てきたりすることもあります。

減点方式で判断すると、せっかく交際が順調に進んでいても、何か気に入らないことがあった時に相手の評価が大きく下がってしまうもの。逆に加点方式で判断すると、相手が何かしてくれた時や共通点が見つかった時に相手への評価が上がり、交際が進むきっかけとなることもあります。

実際に、婚活で成婚する人は相手の良いところを見つけるのが上手な人が多いです。
「相手は自分とは違う人間で、イメージと違う部分があって当たり前」ということを念頭において、相手の良いところを見つけていきましょう。

2.ライバルがいることを自覚して積極的になる

30代の男性は結婚適齢期。同じ年代の婚活人口が多いということになるので、必然的にライバルがたくさんいます。
所属する婚活サービスのルールによりますが、仮交際(プレ交際)中は並行交際をする人がほとんどです。そんな時に連絡をマメにしない・積極的にデートに誘わないといった状態では、他の交際相手に取られてしまいます。

婚活で毎日の連絡のやり取り・週1のデートが推奨されているのは、ライバルの存在が前提になっていることも大きな要因です。
自分以外にも交際相手がいる可能性を自覚して、積極的に誘ったり、気持ちを伝えたりすることを心がけましょう。

「相手は自分とは違う人間で、イメージと違う部分があって当たり前」ということを念頭において、相手の良いところを見つけていきましょう。

3.気持ちを切り替える

婚活をしているとうまくいくことばかりではありません。結婚を前提に相手を選ぶために、お互いに慎重になっているので「お見合いが成立しない」「交際に進めない」「真剣交際に進めない」ということは誰にでも起こります。

もちろん振り返って反省することも必要ですが、人との関わりには相性もあるので、深く考えすぎてしまっては前に進めません。そんな時は「縁がなかった」と、できるだけ早く気持ちを切り替えて、次の出会いを探しましょう。

4.相手と話し合うことを意識する

結婚は生活です。相手としっかり向き合って話し合うことができないと、共に生きていくのは難しいもの。言葉にしなくても伝わるということはありません。
特に30代の男性は一人暮らしの経験がある人も多いので、1人で過ごすことに慣れています。自分のルールや時間があることが当たり前なので、誰かと時間を共有することで違和感を覚えることもあるでしょう。

お互いがどんなことで感情が動くのか、どんな考え方をしているのかを知ることで、居心地の良い関係を作っていくことができます。「察して欲しい」「言わなくても伝わっている」という考えを捨てて、言葉で相手に伝えることを意識してみましょう。

まとめ

以上、30代男性の未婚率や婚活で女性が男性に望むポイント、婚活を成功させるためのポイントについてご紹介しました。

以下の記事でもうまくいかなくなるパターンと成功する人の特徴を詳しくご紹介しているので、併せて参考にしてください。

→婚活に成功した人の特徴・実践していたことを徹底解説

いずれ結婚したい気持ちがあるなら、30代のうちに婚活を始めた方が結婚できる可能性が高いことがわかりましたね!

30代になると男女ともに結婚を視野に入れる人が多いため、20代の頃のように自由奔放に楽しむ恋愛とは、異性との交際に対する気持ちや意気込みが変わってきます。身の回りの状況や女性が結婚相手にどのようなことを望んでいるのかを知ることで、婚活を始めるにあたって結婚までの目標設定や進め方が明確になるでしょう。

今まで婚活をしていなかった人は、婚活という少し特殊な環境でうまく交際を進められないことがあるかもしれません。そんな時に、カウンセラーに相談ができる結婚相談所なら、プロのアドバイスを受けながら婚活をすることができます。
プロのサポートを受けながら婚活をしたいあなたは、資料請求をしてあなたにあった結婚相談所を見つけてくださいね。

トップへ戻る