結婚相談所とは | 婚活・結婚おうえんネット

一般的な「結婚相談所」とは

会員数は全国で60万人 データで見る結婚相談所の実態

結婚相談所(結婚情報サービス)の利用は、どのくらい一般的でしょうか。

結婚相談業・結婚情報サービス業に関するデータ

市場規模 約340億円
事業者数 約3,700~3,900社
会員数 約60万人

25歳~44歳の未婚者は、約1400万人。このうち数%が、結婚相談所や結婚情報サービスの会員だと考えられます。 これだけだと少なく感じるかもしれません。しかし、そのようなサービスに利用意向・興味のある未婚者は約700万人もいるとの統計があります。生涯未婚率(50歳で結婚の経験がない人の割合)と離婚率の増加に伴い、結婚相談所のような専門サービスへの需要は年々高まり、一般化しつつあります。 (※データは経済産業省統計)

入会者の男女比を、割合を公表している大手会社で見てみましょう。

オーネット ツヴァイ サンマリエ
男性52:女性48 男性48:女性52 男性57:女性43

男性も女性もほぼ同じ割合であることがわかります。意外なことに、結婚したい男女の数は同じなのです。

100年以上の歴史!「結婚相談所」とは

2007年「婚活」という言葉が一般化し、結婚相談所もこれまで以上に脚光を浴びるようになりました。 最近聞くようになった言葉だ、と感じる人もいるかもしれませんが、実は結婚相談所の歴史は古いんです。

伝統として結婚を仲立ちする「仲人」からはじまった結婚相談所は、100年以上前、明治の時代に存在していたとの記録があります。「仲人」から発展した結婚相談所の特徴は、双方の相性を熟知したスタッフによる確かなお引き合わせや、アットホームで細やかなフォローです。どちらかというと個人経営が多いのですが、30年、40年と続く老舗の大手結婚相談所もあります。

時代のニーズに対応 「結婚情報サービス」とは

昭和40年代後半から、従来の仲人型結婚相談所とは一線を画した「結婚情報サービス」という新しいお相手探しサービスが現れました。

「結婚相談所」と「結婚情報サービス」…実は、この2つには線引きがあります。パソコンを使い、お互いの条件を基にマッチングを行うシステムを、これまでのサービス体系と区別して「結婚情報サービス」というのです。文字通り「結婚に役立つ情報を提供する」サービスであるため、成婚料をとらないところがほとんどです。逆に情報提供以外のサービスは、オプション扱いとなることが多いのも特徴です。

最近では、「昔ながらの結婚相談所」と「結婚情報サービス」のいいところを合わせた、複合型の会社も人気となっています。

親の代理婚活や中高年コース。婚活専門会社だからできること

結婚相談所や結婚情報サービスでは、他の出会いサービスでは活動しづらい状況の人々へのサービスもご用意しています。

代理婚活

適齢期の子供を心配する親たちのために、親の代理婚活をサポートしている会社があります。 親同士の代理婚活パーティーを開いたり、お子さまを結婚へ導くためのアドバイスなどを行っています。結婚相談所や結婚情報サービスは、悩める親御さんの強い味方でもあります。

 

 

1分で完了!各社の資料を無料でお取り寄せ 結婚相談所とわからない封筒でお送りします


トップへ戻る