30代女性必見!30代の婚活が難しい理由と正しい婚活方法 | 婚活・結婚おうえんネット

公開日:2014/03/27 更新日:2021/09/14

30代女性必見!30代の婚活が難しい理由と正しい婚活方法

「30代になったし、そろそろ婚活でも始めようかな」「婚活は30代になってから始めればいいか」と考えて、本格的に婚活を始めるのを躊躇っていませんか? 実は、女性の婚活は30代から厳しくなると言われています。20代と30代では、婚活の環境が全く違うからです。しかし、30代からの婚活でも、取り巻く環境の実情や正しい婚活方法を知っていれば、しっかりと結婚に結びつくものです。

そこで今回は「30代からの婚活が厳しくなる理由」から「アプリ婚活沼の実態」「30代の正しい婚活方法」まで詳しくご紹介します。 この記事を読めば、30代からの婚活の進め方がわかるでしょう。

30代の婚活が難しくなる3つの理由

婚活市場では「30代からは婚活が厳しくなる」と、よく言われます。
厚生労働省の人口動態統計の結果からも、30歳の女性が5年以内に結婚できる確率は35.5%と考えられています。結婚できる確率が最も高いのは26歳の43.5%。26歳をピークに年齢が上がるにつれて徐々に低下し、35歳になると21.5%まで下がります。

初婚年齢は年々上がっていますが、30代を超えると徐々に結婚できる確率が下がるという現実です。30代の婚活が難しくなる主な理由には、以下の3つが考えられます。

・婚活の環境と女性の意識の変化
・仕事が充実してプライベートの時間が減る
・子どもを望む男性が若い女性を選ぶ傾向にある

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.婚活の環境と女性の意識の変化

まずは婚活の環境の変化についてみていきましょう。
30代になると職場でもプライベートでも、周りの同年代男性に既婚者が増え始めて結婚を意識できる相手近くにいなくなり、出会いのチャンスが減っていきます。
職種にもよりますが、仕事で出会う異性も限られる上に仕事仲間なので周りの目が気になって、恋愛に発展する可能性も高くはありません。20代までとは婚活の環境がガラリと変わるのが30代の特徴です。

次に、女性自身の意識の変化について。
30代になると、結婚して子どもを持つ同年代の友人が増え、結婚に焦り出す女性もいることでしょう。
しかし「ここまで待ったなら理想的な結婚してやる」と意識が上がり、相手に求める条件も厳しくなってしまうこともあります。「仕事でもキャリアを積み、それなりの収入もある。自分の心地よい生活リズムや習慣があり、結婚はしたいけれど今の生活を変えたくはない」という気持ちも結婚が難しくなる理由の一つと言えるでしょう。

2.仕事が充実してプライベートの時間が減る

バリバリ仕事をしている女性は多いもの。30代になると出世したり重要な仕事を任されるようになったりして、20代の頃に比べてプライベートに割ける時間が減る時期でもあるでしょう。

「休日は仕事の疲れを取るために使いたい」という気持ちから、婚活に本腰が入らないというケースも考えられます。
デートやお見合いがコンスタントにできないと、活発に活動している人と比べて婚活では不利になってしまうのが現状です。

3.男性が若い女性を選ぶ傾向にある

​婚活中の人の声を聞くと、単純に「若い女性が好き」という男性が多くいます。30代の女性は同年代の男性と結婚したいと考えていても、男性が求める条件とギャップがあるのでマッチングしにくくなってしまう現状です。

株式会社リンクバルの2019年結婚観調査によると、結婚相手に年下の女性を希望する男性の割合は20代で18%、30代で43%、40代で62%でした。
さらに何歳差が希望なのかという調査では、30代男性は1歳〜5歳差を希望する人が45%と最多ですが、40代男性は11歳以上の歳の差を希望する人が62%でした。

結婚後に子どもを望む男性は出産のリスクを考慮して、なるべく若い女性を選ぶケースが多く見られます。
男性側の年齢にかかわらず、交際して結婚するまでの期間も踏まえて、35歳の高齢出産になる前に子どもを授かれるように20代の女性を選ぶ男性が多いのです。

厚生労働省によると女性の平均初婚年齢は29.6歳。30代になってからでもまだ遅くないと感じるかもしれません。
しかし、ゼクシィトレンド調査2020によれば、付き合ってから結婚するまでの期間の平均は3.2年間です。29歳で結婚する女性は、26歳で、32歳で結婚する女性は29歳で結婚相手と出会っていることになります。
男性が若い女性を望む心理と併せて考えても、30代からの婚活は20代よりも難しくなると言えるでしょう。

アプリ婚活沼⁉ハマる前に抜け出す方法とは

「マッチングアプリは沼が深い」ということをSNSでよく目にします。手軽に婚活ができるマッチングアプリですが、相手のスペックばかりが気になってなかなか結婚に至らず、まさに沼にハマってしまう女性が増えているようです。ここでは、アプリ婚活沼にハマる人の特徴と、ハマる前に抜け出す方法をご紹介します。

マッチングアプリ沼にハマる人の特徴

マッチングアプリ・婚活専門サイト「aimatch」と相席が相席屋会員男女400名を対象に共同で調査した「出会いの現状」と「マッチングアプリの利用」によると、マッチングアプリを利用したことがある人は8割以上。利用したことがある人のうち9割以上の男女が「出会えた」と回答するものの、交際に至ったのは男女ともに約3割程度に留まっています。
その中で結婚に至る人はさらに少ない数字になるでしょう。
利用者が増えて成婚率が上がっていると言われていますが、やはり結婚に至る人は少ない現状です。

アプリ沼にハマる人には以下のような特徴があります。

・相手に求める条件がどんどん高くなる
・自分の市場価値を見誤る
・決断力が鈍くなる

マッチングアプリでは、好みの条件で絞り込んで相手を検索することができます。 出身・身長・体型・学歴・仕事・年収など希望に合わせて検索すると、当てはまる人だけが一覧で表示されます。 普段知り合えないような人とマッチングアプリでなら出会えると考えると、求める条件はどんどん高くなってしまうでしょう。
そんな希望通りのスペックの相手とメッセージのやり取りをしたりデートを重ねると、自分の市場価値が高くなったように感じますよね。
  しかし、ハイスペックな男性はもちろん人気が高いので、競争率がかなり高いはず。
相手に求める条件が高くなったばかりに、強敵揃いの中で戦わなければならなくなります。
ただし、たとえ一人の男性と交際に至らずとも、マッチングアプリでは代わりの相手がたくさん見つかります。
「顔はいいけど、話はいまいち合わないな」と感じたら、スマホを持って新たな男性を探せば良いのです。そうすると「もっといい人がいるかも」とまだ出会っていない画面上の男性に思いを馳せ、目の前の男性に決められないという状況に陥ってしまうケースもあります。

一般的に、男性よりも女性の方が「いいね」がつきやすいマッチングアプリ。たくさんの「いいね」をもらえることで承認欲求が満たされ、本来の目的を見失い、アプリで男性と出会うことに楽しさを見出してしまうのも要注意です。

アプリ婚活沼にハマらない婚活方法

アプリ婚活沼についてわかったところで、沼にハマらない婚活方法を紹介していきます。
以下の3つのポイントを踏まえて婚活をしましょう。

アプリは職業や年収を偽る人がいることを理解する

マッチングアプリでは免許証などを利用した本人確認は行われますが、独身かどうか・職業・学歴・年収などを確認するシステムがありません。ということは、いくらでも情報を偽れるということです。
いくら理想の条件で相手を探しても、実際は希望条件に見合っていない相手と出会ってしまう可能性があるということを理解してマッチングアプリを使いましょう。
スペックの高い相手とマッチングした時は、遊び目的でないか・勧誘目的でないかなどしっかりと見極めるように意識してくださいね。

条件よりも相性を重視する

条件ばかりを重視した結果、自分とは話や相性が合わないということもよくあります。結婚するにあたって大切なのは、条件よりも生活を共にしていけるかどうか。

画面上で条件だけを見て相手を判断するのはやめて、どうしても譲れない条件だけを残してメッセージや電話の印象、実際に会った時の印象で判断してみましょう。

条件よりも相性を重視する

条件ばかりを重視した結果、自分とは話や相性が合わないということもよくあります。結婚するにあたって大切なのは、条件よりも生活を共にしていけるかどうか。

画面上で条件だけを見て相手を判断するのはやめて、どうしても譲れない条件だけを残してメッセージや電話の印象、実際に会った時の印象で判断してみましょう。

結婚相談所での婚活にシフトする

どうしてもアプリ婚活沼から抜け出せないと感じる人は、アプリを退会して結婚相談所での婚活に切り替えましょう。
アプリではプロに相談することはできませんが、結婚相談所ではカウンセラーに活動や交際の相談ができます。
アプリでの婚活と同じように条件にばかりとらわれてしまっている場合、第三者目線からのアドバイスによって軌道修正することも可能。さらに、入会時に年収や学歴をはじめとする複数の証明書が必要なので、嘘をついて登録することができません。
結婚を真剣に考える男性しかいないので、結婚の目的を見失わずに活動することができます。

30代女性の正しい婚活方法

​ここまでの情報から、30代女性の正しい婚活方法を2つご紹介します。

条件より内面が穏やかな人を探す

条件ばかりを優先するのではなく、内面が穏やかで一緒にいて落ち着く相手を探しましょう。これからの生活を共にする相手を探すことになるので、相手と一緒にいる時の自分が安らげるかどうかはとても大切なポイントです。

20代のうちは、条件を重視して胸が高鳴るような相手との交際を楽しんでいたかもしれません。しかし「きちんとしていなければ」「釣り合うようにしなくては」と感じてしまう相手との結婚生活は窮屈に感じる人も多いはず。

条件は相手と知り合う一つのきっかけに過ぎず、条件と結婚するのではありません。
最低限の条件をクリアしていれば、まずは会ってみて相手の人となりを知ることを意識してみましょう。

結婚相談所でマッチングしてもらう

仲人型の結婚相談所では、自分自身で相手を探すだけでなく、仲人によって合いそうな人を紹介してもらえるところもあります。
希望条件に全て当てはまっていない相手でも、プロの目によってマッチングした相手であればうまくいくケースも多いです。自分では見つけられなかった相手を紹介してもらいましょう。

また、結婚相談所で自分で探した相手と交際に至った場合でも、プロの仲人やカウンセラーのサポートを受けられます。相手に直接言いづらいことや、交際のちょっとした悩みも相談できるので、当人同士だけで進めるよりもスピード感を持って交際を進めることが可能です。

まとめ

以上、30代の婚活が難しいと言われる理由やアプリ婚活沼にハマらない方法、正しい婚活方法についてご紹介しました。

結婚相談所への入会や婚活の開始を迷っている間に、日に日に歳をとっていきます。
時間が経てば経つほど、良い人に出会える確率も減っていくもの。かといって、焦って条件だけで結婚を決めても失敗するリスクがあります。

結婚相談所のプロカウンセラーを頼ることが、あなたにとっての「良い結婚」への近道です。
気づいた今が旬であるということを心に留めて、まずは資料請求をして自分に会う結婚相談所を探してみましょう。
結婚することをしっかりと目標に据え、焦らずに婚活を楽しんでくださいね。



トップへ戻る