中高年の婚活事情親の代理お見合いの流れ | 婚活・結婚おうえんネット

中高年の婚活事情

50代、60代、70代から婚活を始める人が増えています。子育てが一段落し、定年も見え始める世代。金銭的・時間的な余裕が出てくるので老いを見据えた上での婚活です。人とつながりを、豊かさを実感できる婚活がオススメです。

今どきの50代と婚活(婚カツ)

50代、60代、70代となっても、仕事に趣味にと活躍する人が多い中、中高年(シニアや熟年)世代からも、婚活を始める人が増えています。

50代やそれ以降の中高年(シニア、熟年)世代は、子育てが一段落し、仕事でのゴールも見え始める世代。金銭的・時間的な落ち着きや余裕が出てくる人もいれば、これを機に熟年離婚を経験する人もあります。

中高年(シニア・熟年)世代が目指したいのは、老いを見据えた上での婚活です。婚活を通じて様々な人とつながりを持ちながら、自分について語り、相手の人生に耳を傾け合う。男女の仲だけでなく、人としての豊かさを実感できる、婚活がオススメです。

 

中高年(シニア・熟年)世代にオススメの婚活

自分の時間が持ちやすくなる50代やそれ以降の中高年(シニア・熟年)世代では、お見合いパーティー、お茶会、婚活バスツアーなど、いろいろな婚活スタイルが楽しめます。

おしゃれするお見合いパーティーに参加するもよし、ウォーキングや婚活バスツアーで、出会いを楽しむもよし。陶芸や絵画など、今までチャンスがなかった趣味を兼ね、様々なジャンルの婚活に参加するのもオススメ。中には、何度も婚活パーティーに参加し、婚活パーティーの常連さんとして、お友達を増やすのが好きな方もいらっしゃいます。

50代やそれ以降の中高年(シニア・熟年)世代では、外に出る機会が減ることもあり、普段の生活ではなかなか同世代の人に出会う機会がない人もたくさんいます。同世代だからこそ分かり合える「あの頃」の話題や、歌、趣味などでたくさん盛り上がれるのが、中高年(シニア・熟年)世代の婚活のいいところ。

まずはお茶のみ友達からという感覚で大丈夫。リラックスして、婚活に参加してみて下さいね。

 

50代やそれ以降の中高年(シニア・熟年)世代だから分かる優しさや思いやりの意味

少年期、思春期、青年期と、ひたすらに人生を歩んできた後、訪れるシニア・熟年世代。平均寿命が80歳を越えた今、中高年(シニア・熟年)からの人生こそ、自分らしさや生き方を求められる時代といえます。

人生の真の自由が訪れる中高年(シニア・熟年)世代は、一方で老いや病気、介護のリスクとも向きあわなければなりません。婚活するということは、新たな家族を迎える責任を追うことでもあります。

婚活を通じ、出会った人に負担をかけないためにも、この先の人生に必要なお金や、病気や介護に必要な保険金、万が一の時に備えた相続や遺産について再確認しておくのも良いことです。

長い人生の中で、様々な経験をし、いろいろな思いを抱いたからこそ、最期まで充実した人生を送りたい。多くの中高年(シニア・熟年)世代たちが、そんな思いを抱いています。

「独りぼっちではいやだ」「誰かと共に過ごしたい」と感じるのは、人としてとても素直な感情。まずはお友達作りから、「結婚」という固定観念にとらわれない、生涯のパートナー探しをはじめてみましょう。

あわせて読みたい



トップへ戻る